« やっぱり雨の日の高尾山 | トップページ | ピーカンの巻機山 その2 »

ピーカンの巻機山

相変わらず遅れ気味ですが、先週の土日は久しぶりに百名山ハンターになりすまし、
巻機山に行ってきました。

2015071101

塩沢駅からタクシーで桜坂へ。5千円をちょっと越えてしまいました。
でも10時過ぎに歩き出せました。

2015071102

ちょっぴりきついですが、どんどん登っていきます。六合目からはヌクビ沢が見えますが、登っている人達が見えました。上に見えるのは割引岳。

2015071103

前巻機の登りはきつかったです。手前まで来るとお花畑があり、これはウラジロヨウラクでしょうか。

2015071104

コバイケイソウの向こうに見えるのは、谷川連峰。天気が良いと気持ちよい眺めですね。

2015071105

日差しが暑すぎの前巻機。ニセ巻機の名もあり、道標はそれになっていますね。

2015071106

予想外に早く、13時に避難小屋に着いてしまいました。ということでサブザックで山頂へ。
以前のガイドに御機屋とある場所に山頂の表示がありました。

2015071107

割引岳に向います。すぐに雪渓の登りがあり、ストックを持っていなかったので、ちょっと難儀しました。

2015071108

割引岳の山頂には石祠がありました。帰りは雪渓で滑ってしまい、お尻のあたりを泥で汚してしまいました。(T_T)

2015071110

再び山頂表示のある場所に戻りましたが、せっかくなので本峰へ。やはり山頂付近の池塘はいいものですね。

この日は避難小屋に泊まりました。かなりの人で小屋はいっぱいになりました。
水場は雪で埋まっていて使えず、あまりきれいではありませんが、雪渓の雪解け水を使うしかありません。
仕方ないので、煮沸して使用しましたが、できるだけ飲まないようにしました。
こんなことなら、もっと水を持ち上げればよかったです。

その2に続く。

« やっぱり雨の日の高尾山 | トップページ | ピーカンの巻機山 その2 »

登山(越後)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピーカンの巻機山:

« やっぱり雨の日の高尾山 | トップページ | ピーカンの巻機山 その2 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ