« ピーカンの巻機山 その2 | トップページ | 巻機山付近のお花達 »

六日町温泉 湯らりあ

巻機山の帰りは六日町で温泉へ。

2015071120

以前は六日町には、六日町中央温泉という、よい温泉がありましたが、随分前に廃業したようです。→2009年のレポ

ということで、最近できた六日町温泉湯らりあへ。
ここは駅からも歩いていける温泉。

清水からのバスならば、駅角バス停で下車して、しばらく歩きます。
施設の付近は2015年7月現在、工事中のため、今は一旦逆側の歩道に渡り、かなり遠い信号を渡って戻らなくてはいけない感じになっていました。

入浴料は400円と安価。公衆浴場ということで、石鹸やシャンプーなどは置いていません。
こじんまりとした施設でした。
お湯は単純温泉で、掛け流しということですが、かなりの熱め。
43度を越えるくらいはあったのではないでしょうか。
お風呂から出るととてもさっぱりしました。

長湯をするという感じではなく、さっと一浴するのによい施設で、山の帰りにはぴったり。
よい温泉でした。

« ピーカンの巻機山 その2 | トップページ | 巻機山付近のお花達 »

温泉(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六日町温泉 湯らりあ:

« ピーカンの巻機山 その2 | トップページ | 巻機山付近のお花達 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ