« 飯盛山へ | トップページ | 鹿倉山へ »

背戸峨廊

9月5日(土)は福島の背戸峨廊へ。
背戸峨廊は大震災により、ずっとトッカケの滝の先からは入山できませんでしたが、今年8月に整備され歩けるようになりましたので行ってみました。

ご注意:

2015年9月10日から11日の大雨の影響により、
2015/9/18現在、トッカケの滝から先は再び通行止になっています。

リンクはすぐに切れてしまうかもしれません。いわき市のホームページなどで、必ず状況を確認してからお出かけください。
いわき市の「背戸峨廊への入山について」(更新日2015/9/18)

2015090501

延々と列車を乗り継いでいわき駅経由で、磐越東線江田駅下車。ここまで家から5時間以上かかり、まさに山旅。

2015090502

駅からしばらく歩くと背戸峨廊の入り口。石碑があります。

2015090503

登山道を進むと下って沢横を歩くようになります。道はしっかりありますが、やはり歩きにくい所もあり、登山靴必須でしょう。

2015090504

まずはトッカケの滝。なかなかの滝です。普通の観光客はこのあたりまで。

2015090505

直登コースを選択し、滝横の梯子を登ります。なかなかスリルがあります。

2015090506

登り切るとねじれた滝がありました。

2015090507

先へ進むと鎖の付いた岩場のへつりなども結構あります。
片鞍滝だと思いますが、大きな倒木が邪魔しておりました。

2015090508

竜門の滝の下側でしょうか。左手スラブ状の岩場を登ります。鎖もあるので心配はありませんでした。

2015090509

竜門の滝。こちらも倒木が邪魔しておりました。

2015090510

案内板があり「胸突き千丈水返し」という岩場を見て、先へ進むとこのあたりが竜の寝床。

2015090517

心字の滝。

2015090511

鹿の子滝。

2015090512

見返り滝は岩場に隠れ気味なのであまり見えませんが、水量があり、上から落ちる様を見るのもなかなか。

2015090513

ラストの滝が三連の滝。水量があって左岸には渡れなかったので、奥が見えませんでしたが、奥に二つほど滝があるそうです。

2015090514

ひどい急坂を登ると早周りコースとゆっくりコースが分岐します。谷の中を歩いただけで十分満足したので、早回りコースを選択しました。

2015090515

ちょっと登っただけなのに、意外に涼しい風が吹き、山深い感じがあって、やはり福島の山でした。

2015090516

下っていくと駐車場近くで行きの登山道に合わさり、江田駅に戻りました。
のんびりと列車を一時間ほど待ち、郡山経由で帰宅しました。

福島の山はやっぱり遠かった。でも楽しい歩きでした。

« 飯盛山へ | トップページ | 鹿倉山へ »

登山(東北)」カテゴリの記事

コメント

滝のお写真すてきです!

ぜいぜいさん、こんにちは。

ぜいぜいさんの歩くようなすごい沢ではありませんが、十分に楽しめました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背戸峨廊:

« 飯盛山へ | トップページ | 鹿倉山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ