« 背戸峨廊 | トップページ | 霞沢岳へ »

鹿倉山へ

12日は鹿倉山へ。

2015091201 

丹波行きのバスに乗って諸畑橋で下車したのはもちろん自分ひとり。
台風の影響が残っていて、まだ奥多摩湖の水がこのあたりは淀んでいました。

2015091202

諸畑橋は意外に大きな橋でびっくり。もっと小さな橋だと思っていました。

2015091203

取り付きの畑はもう耕されておらず、戸惑いましたが、なんとか尾根にとりつきました。石積みのある踏み跡が、昔からの山道なのでしょう。

2015091204

今年は8月後半から雨が多かったせいか、キノコが多いです。

2015091205

なかなかきつい登りも続き、1109mを過ぎて先へ行くとなんと伐採地に出ます。そこからは奥多摩湖がよく見えました。

2015091206

伐採地を登っていくとなんと林道が。どうも左手の大寺山からの尾根まで到達しています。先に見えるのが、1250m圏のコブでした。

2015091207

尾根を下りましたが、結局林道をちょっと歩かせられます。途中には登山道がわずかに残っていますが、林道のすぐ横を歩かせられたりして、閉口する道。

2015091208

鹿倉山の山頂は静かな場所。以前来たのは冬場だったので、今日は樹林に囲まれ、眺めもありませんでした。

2015091210

下っていくと、再び林道に出ます。すると先に猿の群れ。しかも自分が進む方向に歩いていきます。この写真にも先の方に写っているのですが、点にしか見えませんね。しばらく林道を歩くとなんと子供連れの猿もいるではありませんか。こちらは一人、多勢に無勢で、もし攻撃などされたらたまりません。ヒヤヒヤしながら先へ進むと、ようやく右手に逃げてくれたので助かりました。

2015091209

大丹波峠に向かう曲がり角には道標が立っていました。

2015091211

こちらは昔からの道らしく、やはり登山道がいいですね。

2015091212

しかし、それも束の間、すぐにまた林道に出てしまい、結局、大丹波峠まで林道を歩かせられました。以前は丹波に下りましたので、今回は小菅へ向かいます。

2015091213

道路に出る手前あたりにはもう草ぼうぼうの畑の跡や廃小屋が残っていました。やはり山村の人口減は急速に進んでいるようです。

2015091214

道路を下っていくと、途中には一戦場のいわれの看板が。平将門伝説があるようですね。

2015091215

川久保のバス停に出ますが、奥多摩からのバスは小菅の湯行きに変わって、奥多摩行きのバスは来ないバス停になっています。それでも200メートルほど歩けば役場前のバス停から奥多摩行きのバスを捕まえられます。時間が微妙でしたが、やはり温泉に入りたいと小菅の湯まで車道を登りました。着いたのはなんとかバス発車の一時間前、のんびり入浴できました。

大月行きのバスも乗れましたが、奥多摩行きに乗り込みました。朝に地震があったせいかどうか、ほとんど途中で乗ってくる人もなく、バスの車内からは奥多摩湖の余水吐も見られました。この日は比較的人の少ない奥多摩でした。


« 背戸峨廊 | トップページ | 霞沢岳へ »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿倉山へ:

« 背戸峨廊 | トップページ | 霞沢岳へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ