« セーメーバンから宮地山 | トップページ | 調布のお散歩 »

大久保山から三ツ峠

10/3は三ツ峠へ。

2015100301

ついに大久保山南尾根にトライする日がやって来ました。以前から登りたかったのですが、やはりきつい尾根ということでなかなか足が向きませんでした。
三ツ峠駅で下車して歩き出し、山祇神社へ。お参りしてから登り始めます。

2015100302

ごくわずかな踏み跡はありますが、もちろんヤブ尾根。

2015100303

ひたすら尾根を追って登っていき、870mを過ぎれば比較的登りやすくなりました。

2015100304

だいぶ登るときれいなアカマツ林。植林らしく、そのあたりだけは踏み跡がしっかりしていて登りやすかったです。

2015100305

再びヤブ尾根に変わり、ひたすら登っていくと斜度が上がり、岩尾根に変わります。岩の左手を巻きながら急登しましたが、とうとう岩にぶつかり、もうこれ以上は無理。右手の岩に登って尾根を追いましたが、なかなか大変でした。

2015100306

岩尾根が終われば、踏み跡のほとんどないヤブ尾根に戻り、歩きやすい所を探しながら登っていくとようやく稜線に出て、少し左に行くと大久保山に着きました。今回のメインは三角点探し。以前に来た時に見つけられなかったので、三角点を探しました。

2015100307

山頂からは少し離れた所に四等三角点をようやく発見。なんでこんな所にという感じの場所にポツンと置かれていました。

2015100308

山頂に戻って先へ進みます。以前はトリカブトが多い尾根でしたが、何やらあたりは掘り返されていて、減ってしまっているようです。人のせいなのか、イノシシなどの動物のせいか微妙な感じ。踏み跡もちょっと分かりにくくなっていました。

2015100309

今回もヤブっぽい踏み跡を辿っていくと三ツ峠山東峰。

2015100310

開運山に行けば、やっぱり富士がいい感じです。

2015100311

南アルプスも完璧。八ヶ岳も見え、その向こうには北アルプスらしき山も見えました。

2015100313

山頂から下り始めればもちろんフジアザミ。ちょっぴり旬は過ぎていました。

2015100312

オヤマボクチもありました。

2015100314

久しぶりに達磨石ルートを下ります。天気が良いせいか、クライマーさんが多かったです。

2015100315

八十八大師、だいぶ壊れた石仏が多くなっていますが、それでもまだまだ残っています。

2015100316

どんどん下っていくと、以前にはなかった富士の見えるベンチができていました。

2015100317

達磨石に出れば、もう後は林道を下るだけ。

2015100318

三ツ峠駅に着いたのは、なんと13時過ぎ。こちらから登って、こんなに早く降りてきたのは初めてで自分でもびっくりでした。

2015100319

フウロソウが咲き残っていたのにはびっくり。しかもスジの入っている所を見るとカイフウロのようでした。

2015100320

個人的にはセンブリに会えたのが良かったです。

天気もよく、楽しい歩きでした。

« セーメーバンから宮地山 | トップページ | 調布のお散歩 »

登山(御坂・天子)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大久保山から三ツ峠:

« セーメーバンから宮地山 | トップページ | 調布のお散歩 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ