« 子孫山ノ頭へ | トップページ | 大久保山から三ツ峠 »

セーメーバンから宮地山

9/27はセーメーバンへ。

2015092701

どんよりとした天気で妙に湿気が多く、歩きにくい一日。バスに乗るつもりだったけど、猿橋駅に早く着いてしまったため、途中で乗ればいいやと歩き出し、結局、バスよりも早く田無瀬に着いちゃいました。さらに歩いて小和田下のバス停から小和田の集落に入ります。

2015092702

東光寺の先からセーメーバン南東尾根に取り付きます。入口にはセーメーバンを示す道標があってびっくり。

2015092703

やはりこの時期は藪っぽい道。蜘蛛の巣攻撃もあり、棒きれを拾って振りかざしながら歩きました。

2015092704

こんなところにと思う所に四等三角点がポツンとありました。

2015092705

少し先を登るのが筋ですが、激ヤブになっているので、一旦右手の巻き道を進み、尾根が降りている所から折り返して登りました。どうもここが小和田山とされている所のようです。

2015092706

先は踏み跡が怪しくなり、それでも尾根は続いているので辿っていきます。628mを過ぎると作業道らしく、比較的はっきりしてきました。

2015092707

霧に巻かれるようになってきました。途中には祠がありますが、どうもプラスチック製みたいな感じ。木や石だと壊れやすいし、価格も高いだろうし、この方が長持ちしていいのでしょうね。

2015092709

霧が濃くなってきました。踏み跡は続いていますが、倒木なども多く、結局横を歩いたりする所は多々あります。

2015092710

ようやく登りついたセーメーバンの山頂。久しぶりの再訪ですが、こんな天気だとあまりにも静かで暗く、怖いくらいです。

2015092711

大垈山を目指します。霧によってポツポツと水玉が落ちてきます。ザックカバーをして上だけ雨具を着て進みました。気分的には雨みたいな感じ。

2015092712

宮地山への分岐を左に曲がって踏み跡を登っていくと大垈山の小さな山頂。ただの通過点みたいな場所に見えました。

2015092713

分岐に戻って宮地山に向かいます。するとなんと登って来たお二人にあって吃驚。言葉を交わすとお二人も初めて人に会ったと言っておりました。

2015092714

途中、非常に踏み跡が薄く、しかも濃い霧の中、ルートファインディングを迫られます。結構必死に地図と磁石で方向を確認しながら進み、ときどき踏み跡を外しては探しを繰り返して進みました。登りになると分かりやすくなり、進んでいきます。すると急に道がよくなってびっくりしました。

2015092715

途中右に別れる踏み跡がありましたが、そのあたりがショウジ坂なんでしょうか。しばらく登っていくと宮地山。等級の部分が欠けていて何等か分からなくなっていました。(二等三角点用沢山らしいです。)

2015092716

先へ進み、右に曲がって進むとひどい急坂の下り。霧は相変わらずなので注意しながら下りました。

2015092717

下部は霧から出てホッとします。

2015092718

林地区と用沢への分岐には道標があってこれまたびっくり。無難な用沢の方に向かいましたが、道はあまり使われておらず、倒木なども多く、意外に大変でした。

2015092719

最後で危うく沢に向かって下りそうになりましたが、少し戻って集落への道に出ました。ヤブを過ぎて今も住まわれている住宅を過ぎると普通の道になってホッとしました。

2015092720

のんびり道路を下り、宝鏡寺薬師堂を見学。

2015092721

奈良子入口に出ましたが、いつもの通り時間が合わず、猿橋駅まで歩くことに。途中ではもう稲が刈り取られ、干されていました。結局、バスに乗らなかった一日でした。

« 子孫山ノ頭へ | トップページ | 大久保山から三ツ峠 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セーメーバンから宮地山:

« 子孫山ノ頭へ | トップページ | 大久保山から三ツ峠 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ