« 調布のお散歩 | トップページ | 神の川から大室山へ »

岩殿山へ

10/10は岩殿山へ。

2015101001

せっかくの連休なのに天気の悪い予報。天気は悪くても雨はなさそうなので、それなら近場で遊べばいいやとのんびり岩殿山へ向かいます。
大月駅を歩き出し、しばらく道路歩き。

2015101002

まずは与一地蔵。弓の名手と言われた浅利与一義遠の功績を讃えて鎌倉から送られたらしいですが、土砂崩れで流出、明治時代に再建されたものだそうです。写真だと小さいですが、実物はかなりの大きさの石像で威圧感があります。

2015101003

しばらく歩き、山に入って浅利の千本松を見に行きましたが、激ヤブ。
それでもヤブの中に踏み入り、近くまで行こうとしましたが、あえなく敗退。
降りて地元の方に聞くと、最近は枝が折れたりして枯れつつあるとのことでした。

2015101004

先へ進み、稚児落しへ向かいます。この道はごく普通のハイキングコースで、以前に稚児落しから下ったことがあったようですが、すっかり忘れていました。

2015101005

登っていくと左には花咲山が見えました。また行かなくては。

2015101006

稚児落しの一番高い所で休憩。連休のせいか、休んでいる人達が多かったです。少し先から見る稚児落しの岩壁は高度感があって、なかなか怖いです。

2015101007

逆コースですので、たくさんの人に会います。途中には大きな石祠。

2015101008

岩殿山に向かいます。もちろんすべて鎖場コースを選択。下りですので、楽ではありますが、ちょっぴり腕力を使い、少し緊張しました。

2015101009

築坂峠を過ぎ、どんどん登っていき、揚木戸跡の大岩を見ます。

2015101010

城跡の遺構をいくつか見て、展望台へ。富士がしっかり見えましたが、ほとんど水墨画の雰囲気でした。

2015101012

いつもすぐに下っていたので、本丸方向へ行くのは初めて。馬場跡にはたくさんの桜の木があります。桜の咲く頃は楽しいでしょうね。

2015101013

右へ少し下ると亀ヶ池、馬洗池がありました。右側の池はほとんど涸れていましたが、左の池はしっかり水がありました。

2015101014

七社権現洞窟への道にはガードレールがしっかり付けられています。昔ながらの登拝路なのでしょうね。

2015101015

七社権現洞窟は岩穴であまり奥は深くありませんが、なかなかの広さ。石祠などが置かれておりました。

高速道路が近いのでかなり車の騒音がうるさい感じ。下っていくと岩殿上のバス停に出ます。

2015101016

裏手をひと下りすると円通寺に関する説明板がありました。昔は一平方キロにわたる広大なお寺だったそうです。

2015101017

真蔵院に立ち寄ってから先へ下る道をちょっと間違えたりしたものの、なんとか正しい道を下り、鬼の杖に立ち寄ります。立っている石はやはり何かのパワーを感じます。

2015101018

高速道路を渡り、その先には石仏が並ぶ妙見山の三十三観音。元々は妙見山の登山道にあったもののようですが、高速道路の建設で妙見山は削り取られてしまったため、こちらに移設したものだそうです。もう壊れているものもあり、こんな日差しも風も強い所に置かれては風化も進むでしょうね。

2015101019

先へ歩いて正瀬の馬頭観音群。石仏がたくさん並んでいました。

2015101020

子ノ神古墳にも立ち寄ります。寛政七年(1795)には盗掘に遭い、副葬品のほとんどは持ち去られてしまったそうです。

2015101021

強瀬橋を渡ると先にはドバドバと水が流れ落ちています。これは駒橋発電所からの用水路の排水らしいです。

2015101022

先へ歩けば、随分古い鉄管を見ます。 右の方は取り外されているようですね。

猿橋駅まで歩きました。

 

« 調布のお散歩 | トップページ | 神の川から大室山へ »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩殿山へ:

« 調布のお散歩 | トップページ | 神の川から大室山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ