« 蕎麦粒山から秩父へ | トップページ | 境沢ノ頭へ »

大戸緑地付近の軽い山歩き

11/1は高尾へ。

2015110101

高尾駅からバスに乗り、久しぶりに館ヶ丘団地で下車します。

2015110102

しばらく歩いて権現谷へ入ります。久しぶりの六地蔵。でも、ちょっと壊れ気味ですね。

2015110103

権現社がありますが、地元の人もあまり訪れないのか、倒木もある落ち葉の溜まる石段でした。

2015110104

山に入って登っていきます。途中には雨乞いの碑への道が分岐します。

2015110105

段木入の広場に行ってみます。小さな池がありましたが、静かな場所でした。

2015110106

山桜の丘で一休み。それほどよい眺めではありませんが、ここで昼食にしました。

2015110107

登っていき、峠の丘に着きます。肉眼ではしっかりスカイツリーが見えましたが、さすがに写真には写らなかったようです。

2015110108

久しぶりの草戸山。いつもよりは人が少なかったようです。

2015110109

青少年センターへの近道を境川へ下ります。

2015110110

沢に出て、奥へ進んでいくと境川源流地の表示のある所に着きました。この先にも踏み跡がありますが、このあたりで折り返しました。

2015110111

上大戸のバス停に出ましたが、時間が合わず、もう少し歩いて法政大入口の先の公会堂前バス停まで行くと、数分でバスがやってきました。相原駅に出ました。

« 蕎麦粒山から秩父へ | トップページ | 境沢ノ頭へ »

コメント

リブルさん こんにちは
我が家から比較的近い場所です。
今日は午後から城山湖付近を歩いてきましたが
少しずつ色づいてきて、それなりに華やかになっていました。
サルトリイバラやサネカズラなどの赤い実も、数種類見られました。
早春と今頃は、低山や丘陵も楽しいですね。

はなねこさん、こんにちは。遅くなりました。

こちらははなねこさんの地元に近い所でしたか。
なかなか気温が下がらず、紅葉の色づきは悪いですが、それでも少しずつ冬は近づいているようです。
やはり低山は日だまりハイクがいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大戸緑地付近の軽い山歩き:

« 蕎麦粒山から秩父へ | トップページ | 境沢ノ頭へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ