« 嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館 | トップページ | はけの森美術館 「生誕100周年 串田孫一」 »

米沢山から笹子雁ヶ腹摺山

そろそろ一月遅れになりそうで、いつの話だと言われそうだけど、11/7は笹子付近の山へ。

2015110701

のんびり出発で甲斐大和駅で下車したのはすでに9時。

2015110702

米沢山北尾根に取り付きます。下部は巡視路があるので比較的分かりやすい感じでした。

2015110703

結構それなりに登らされてようやく鉄塔。笹子雁ヶ腹摺山が左奥に見えました。

2015110704

紅葉してましたが、色は今ひとつでした。

2015110705

上部は細くなり、かなりきつい所などもあるので慎重に登ります。左手奥に見える双耳峰のような山はどこの山でしょうか。

2015110706

米沢山に着きますが、このあたりはもう冬枯れでした。

2015110707

笹子雁ヶ腹摺山に向かいますが、振り返る米沢山の斜面の紅葉も今ひとつでした。

2015110708

久しぶりの笹子雁ヶ腹摺山。あまり変わっていませんね。でも山名柱がやたらと増えたような気もしなくもないですね。

2015110709

今年も新田への道を下ります。

2015110710

以前よりもだいぶ道が踏まれた気がしましたが、そろそろ終わりという頃になっていきなり右に迂回路ができていました。それを辿るとなんと出たのはお墓。そこを通るようになっているのです。いくらなんでもそれはひどいでしょ。登山口は工事中でかなりできていましたがいましばらくは通らされるかもしれません。

2015110711

笹子まで歩きかと思っていましたが、ちょうどバスが新田に向かうのを見ました。新中橋のバス停で時間を見ると数分でバスが来る時間。ラッキーでした。自分は笹子駅で下車しましたが、笹一酒造に行くなら、郵便局前で下車すればよかったようで、バスに乗っていたグループが降りているのを見かけました。

2015110712

ということで笹一の新酒祭りは今年も盛況。でも、山の人は随分少ない印象でした。
いつもの原酒と純米酒を買い込みました。
ちょっと飲み過ぎたようで、、千鳥足で帰宅しましたとさ。

« 嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館 | トップページ | はけの森美術館 「生誕100周年 串田孫一」 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米沢山から笹子雁ヶ腹摺山:

« 嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館 | トップページ | はけの森美術館 「生誕100周年 串田孫一」 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ