« 神の川から大室山へ | トップページ | 水根山へ »

足利城と天狗山

10/18は栃木へ。

2015101801

久しぶりの栃木。足利市駅から歩き出します。

2015101802

市街地をしばらく歩き、まずは織姫神社でお祈り。たくさんの人が清掃作業をしていました。

2015101803

登っていきます。途中ではスズメバチが近寄ってきてびっくり。

2015101804

このあたりは結構岩がごつごつした道。大きな岩は硯岩らしいです。

2015101805

その上に出ると展望台がありました。

2015101807

掘割などを見て登っていくと、本丸に着きました。ここは両崖山の山頂。大きなタブノキがあり、また、御嶽神社などがありました。

2015101808

裏手を下るとすぐに大きな掘割があります。もう少し先まで行って戻りました。

2015101809

両崖山の下から天狗山に向かいます。

2015101810

しばらく進むと紫山に着き、少し先のベンチに向かいました。大きな堀切らしき所を見ることができました。ベンチ付近からは天狗山を見ることができます。

2015101811

天狗山に向かいました。天狗岩には写真のような注意書きがあり、直登は避け、巻き道を登りました。

2015101812

天狗山に着きます。横に長い山頂でした。眺めもなかなかでした。

2015101813

下っていき、富士見岩に寄り道。里山らしく、よい眺めが広がっていました。

2015101814

地元の幼稚園か、運動会が開かれていたようで、音楽や女の先生の叫ぶ声が聞こえてきて、静かとは言えませんでした。観音山にはベンチがあります。足利百名山の古いプレートが付いていました。

2015101815

たくさんの道祖神を見ると観音堂に出ます。下れば、もう登山道は終わりでした。

2015101816

駅へ向かいます。途中からは歩いた山々を見ることができました。

足利市駅は森高千里の「渡良瀬橋」が駅の案内放送で使われていて、懐かしい感じでした。

« 神の川から大室山へ | トップページ | 水根山へ »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足利城と天狗山:

« 神の川から大室山へ | トップページ | 水根山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ