« 境沢ノ頭へ | トップページ | 米沢山から笹子雁ヶ腹摺山 »

嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館

もちろん目の前に降りたら、入浴しなくてはなりません。

2015110321

お昼頃だったので、問題なく入浴できました。
土曜日は12時頃から、それ以外の日は11時~15時くらいみたいです。
入浴料は1時間700円と思ったほど高くはありませんでした。
温泉法に該当するお湯ではないようです。

それでも、お湯はアルカリ度のあるお湯で、とても柔らかいお湯。
時間が時間だけに、誰もおらず、上がる頃になってようやく人が来ましたが、
ほとんど独占状態で、浸かれました。

内湯と小さめの露天風呂があり、内湯はぬるめ、露天風呂はわずかに熱めでした。
内湯のぬるいお湯が長く入っていると体の心から温まります。
上に換気口があり、冷気が降りてくるのもまたいい所。
露天風呂も悪くありませんが、目の前の紅葉を見ながらのんびり入れる内湯の檜風呂がお気に入りとなりました。
お風呂を出るとお掃除ロボットが数台稼働中でした。

バスを待つ間、紅葉を眺めていましたが、しっかり温まったせいか、なかなか湯冷めしませんでした。良いお風呂でした。

« 境沢ノ頭へ | トップページ | 米沢山から笹子雁ヶ腹摺山 »

温泉(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館:

« 境沢ノ頭へ | トップページ | 米沢山から笹子雁ヶ腹摺山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ