« 大戸緑地付近の軽い山歩き | トップページ | 嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館 »

境沢ノ頭へ

11/3は大菩薩へ。

2015110301

甲斐大和駅を早朝に歩き出し、しばらく農道を歩いて水野田山に向かいます。
尾根に取り付き、登っていくと電波反射板があり、そこからは南アルプスを眺めることができました。

2015110302

石灯籠を見て先へ進むと水野田山。空気が冷たく寒い山頂でした。

2015110303

下ってから登り返すと大志戸林道に出て、そこには木製の展望台があります。この手の展望台は古くなると登れなくなるので、登ってみました。周りに木が多く、あまり眺めは楽しめません。

2015110304

長い木段の登りは意外に足にきます。久しぶりの大天狗山に着きました。

2015110305

大天狗山から先は以前に古部山まで歩いているのですが、そのときよりも随分踏み跡が薄くなっています。最近はあまり歩かれていないようですね。

2015110306

途中の紅葉がなかなかです。

2015110307

久しぶりの古部山。ここも落ち葉が溜まり、記憶にある場所とは随分違っていました。

2015110309

薄い踏み跡の尾根を辿っていきます。途中の紅葉が天気も良くて最高!

2015110310

左に折れてさらに登って右に折れますが、意外に三角点に着かなくてあせりましたが、見つけました。しかし、その先、漫然と直進したら、違う方に行きそうになってしまって、三角点まで戻って正しい尾根を進みます。

2015110311

ふらふらと尾根を辿っていったら、知らないうちに三角コンバを見落として通過してしまい、登った所に三角点があってびっくり。

2015110312

でも、しっかり富士が見えていました。

2015110313

先へ進むと真っ赤なモミジを発見!

2015110314

先の方は冬枯れの雰囲気でした。

2015110315

急坂で見覚えのある林道に出ました。かくれっ窪に向かう林道は工事中。がけ崩れを修復してくれているのかもしれませんね。

2015110316

展望広場に着きます。

2015110317

富士をみながら、のんびりと昼食を取りました。

2015110319

嵯峨塩館に向かいます。以前よりもテープなどが付けられ、分かりやすくなっていました。
途中には赤く紅葉した木。

2015110320

以前は失敗して右に下って畑に出てしまいましたが、今回は正しく嵯峨塩館の前に降りることができました。

« 大戸緑地付近の軽い山歩き | トップページ | 嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

大菩薩・水野田山??
さすがは、リブルさん。
紅葉の静かな山旅を楽しんでおられますね。
この連休、先月に行った大菩薩山系の続きの笹尾根を歩きたく、
石丸峠から湯ノ沢峠を歩く計画をしていましたが、急用ができ、延期となりました。
でも、年内にもう一度、雪化粧した初冬の富士と南アルプスを見たいと考えています。
以前から大菩薩山系を大菩薩嶺から滝子山まで歩いてみたいと思っていて、
これを機会に一年かけて、まず主尾根を歩いてみます。
嵯峨塩館も行ってみたい鉱泉宿です。

たまびとさん、こんにちは。

このあたり、最近はあまり歩かれないようですが、良い所です。

今日あたりようやく少し寒くなってきましたね。
もう12月も間近ですからね。
今年の冬は当たり前のように暖冬らしいですが、雪はどうなるでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 境沢ノ頭へ:

« 大戸緑地付近の軽い山歩き | トップページ | 嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ