« 栗坂峠から生藤山へ | トップページ | 港七福神 »

昔の山道を辿る百蔵山

ようやくレポが追いつきましたが、29日は今年最後の山ということで、百蔵山へ。

2015122901

猿橋駅が歩き出し。

2015122902

百蔵山登山口まで行って右に曲がって宮谷を目指したのですが、やはり遠回りでした。
山裾を歩いた方が近かったようです。せっかく登ったのにだいぶ下って春日諏訪神社。

2015122903

さらに先へいけば、以前にも見た宮谷白山遺跡があります。

2015122904

振り返ると富士がきれいでした。

2015122905

林道をしばらく進み、林道と別れて、地図の破線路に入ります。ただ、進んで行ったら沢沿いに進み、水道用のタンクみたいな所で終わってましたので、戻って尾根を進みました。ちょっと藪などもありましたが、なんとか破線路を探しだし、登りますが、倒木が多く、道には落ち葉が溜まっています。

2015122906

石仏は見当たらず、明るい尾根を登っていきます。

2015122907

だんだん道に藪が増え、歩けなくなってしまい、横をよじ登って進んだりしました。

2015122908

このあたりがいちばんひどい所、完全に道型は藪になっていました。

2015122909

その先へ行くと、急にまともな山道となって先へ進み、登りついた所には百蔵山と扇山の間の登山道で、道標がありました。

2015122910

コタラ山を巻いて、きつい登りで百蔵山。

2015122911

富士を眺めながらのんびりと食事にしました。

2015122912

下山はごく普通に猿橋駅への一般道を辿ります。分岐にはcyu2さんお気に入り?の「リスのまとい」の看板がありました。

2015122913

百蔵山登山口に出て、しばらく車道を下っていきます。大きな鳥居の春日宮があり、せっかくなので、立ち寄って、今年一年いろいろありましたが、無事に歩けた事を感謝してお祈りしました。

2015122914

ということで猿橋駅。来年もまた何度も来ることになりそうですね。

それでは、みなさん、どうぞよいお年を!

« 栗坂峠から生藤山へ | トップページ | 港七福神 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔の山道を辿る百蔵山:

« 栗坂峠から生藤山へ | トップページ | 港七福神 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ