« 堂平山へ | トップページ | 丸山から日向山へ »

源次郎岳から恩若峰

11/28は源次郎岳へ。

2015112801

早朝の勝沼ぶどう郷駅で下車すると、南アルプスの眺めが良かったです。

2015112802

車道をしばらく歩き、勝沼ゴルフコースの先へ。ぶどう畑が広がります。

2015112803

キリガ尾根に取り付きますが、地元の方がいたりしたので先へ進みましたが、尾根が高くなってしまって取り付けず、少し戻ったら、なんとなく入れそうな所があり、藪を漕いで尾根に上がると取り付けました。

尾根を辿って歩いていきます。下の方は踏み跡がほとんどなく、ひどくきつい登りでしたが、上に行けば、なんとなくそれらしい所が出てくるようになりました。

2015112804

植林のあるあたりは道もしっかりしていたりしましたが、その先へ行くと再び薄い踏み跡に戻ります。ひたすら登っていくと、右手が伐採された後に植林された雰囲気の所に出ました。向こうに見えるのは、源次郎岳です。

2015112805

富士がとてもきれいに見える所がありました。

2015112806

ふと後ろを見ると南アルプスもちらりと見えました。

2015112807

ようやく恩若峰へ続く稜線に出た所にはキリガ尾根を示すプレートが付いていました。

2015112808

源次郎岳に向かいますが、えらくきつい登り。その上、落ち葉が溜まり、非常に足元が滑りやすく、また、道も斜度がある上に細い道。細心の注意を払いながら登りましたが、やはり少し踏み跡が薄い感じでした。頂上には一人、休まれていて、お話すると自分と同じく恩若峰に向かうようです。

2015112809

恩若峰に向かいますが、踏み跡は薄く、消えかかっている所もあります。尾根は比較的分かりやすいですが、場所によっては進行方向を考えてしまうような所もあり、磁石は必携です。

2015112810

ピークを巻くようになるとようやく踏み跡が少し分かりやすくなり、いくつかピークを巻いて進んでいくと恩若峰の手前にたどり着きます。

2015112811

ようやく着いた眺めのない山頂には恩若峰の古い山名板が付いていました。さきほど源次郎岳で会った人も休まれていて、少しお話しました。

2015112813

一般路を下山するのでしょう、その方は南西尾根の方に向かって下っていきましたが、自分は逆方向へ進み、恩若峰北尾根を下ります。かなりの急降下で落ち葉も溜まり、木をつかみながらなんとか下りました。

2015112814

一番最後で進んでいいのかどうか迷い、左手に進んでしまって失敗しましたが、なんとか八天社の横に下りつけました。先へ出ると本当に気持ち良い青空。

2015112815

適当に道を歩いていたら、六地蔵を見つけました。かなり風化が進んでいる古いもののようですね。

2015112816

朝は随分寒く、温まりたいといつもの塩山温泉に向かい、宏池荘で入浴。
ゆっくり温まってから帰りました。

« 堂平山へ | トップページ | 丸山から日向山へ »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

10月に久しぶりに大菩薩へ行ってから、年内にもう一度、
勝沼周辺の山へと考えていましたが、気温が下がるに従って、
登る気力も下降線を辿ってしまいました。

リブルさんを見習え!、と思いつつも、
心は既に春の山のことばかり考えている始末です。

長年、奥多摩周辺ばかり登っていましたが、リブルさんのブログを見てから、
中央本線沿線の山梨の山に目が行くようになりました。
何より、甲府盆地を挟んだ、富士や南アルプスの眺めの良さに魅了されますね。

たまびとさん、こんにちは。

このあたりの山は冬場はかなり冷え込みますね。
雪もかなり多い場合もありますし、なかなか自分も足が向きにくくなります。
やはり晩秋くらいまでが適期でしょうね。

やはり冬は日だまり山行が楽しいです。
温泉とセットの軽い山も楽しいですよ。

このところこちらの山が多いですが、
奥多摩の山々もまだまだ楽しい所がたくさんありますし、
どこへ行くか、なかなか選ぶのも難しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 源次郎岳から恩若峰:

« 堂平山へ | トップページ | 丸山から日向山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ