« 港七福神 | トップページ | 百観音温泉 2016 »

三床山

今年の初山歩きは栃木の小さな山へ。

2016010901

東武佐野線田沼駅で下車して、バス停に行くと日本列島中心の町と石に書かれていました。

2016010902

さーのって号飛駒線に乗り、木戸内バス停で下車します。10人くらいしか乗れない小型のバスでした。
朝の便は予約はいりませんが、午後の帰りの便はオンデマンドになっているため、一時間前に予約が必要です。

2016010903

農道を辿っていくとソーラーパネルが広がる場所で、その先に三床山が見えてきます。

2016010904

鹿嶋神社があり、そこが登山口。

2016010905

先へ進めば、沢コースの入口を左に見たのち、尾根コースに入ります。

2016010906

しばらくは緩い登りが続き、ようやく目の前に大きな山が見えてきて、きつい登りをしばらく辿ると、だいぶ登った所で眺めが広がります。すると、富士が見えてびっくり!

 

2016010908

三床山の山頂は眼下のゴルフ場と町並みが見える程度。

2016010907

反対側は木ですが、合間から日光連山を見られました。

2016010910

縦走路を進みます。途中にはちょっとした岩などもあって楽しい歩き。

2016010912

二床山に向かう途中で右に曲がって、小三床山と書かれた小ピークを過ぎて下ります。下った鞍部は栗谷坂峠というプレートが付いていました。

2016010913

登った334mのピークは烏ヶ岳というプレートが付いていました。

2016010914

稜線の道へ戻って先へ進みます。

2016010915

高松コースを分けると二床山。

2016010917

楽しい稜線コースを進めば、最後で急登して一床山。

2016010918

とても眺めの良い山頂で、360度の展望。さすがに富士は霞んでしまいましたが、日光白根山あたりの雪山などを眺められました。

2016010920

鹿嶋神社に向かい下って少し登り返すと左に分岐していました。

2016010921

下っていき、やがて林道に出ますが、道標で左に進んで樹林の中を進めば、鹿嶋神社に戻りました。

2016010922

先に書いたようにバスはオンデマンドになっているので使う気はなく、地形図を見ながら歩きで駅に向かいます。駅近くには一瓶塚稲荷神社という比較的大きな神社があり、せっかくなのでお祈りしてから駅に出ました。

小さい山でしたが、なかなか楽しい山でした。

« 港七福神 | トップページ | 百観音温泉 2016 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

ちょっと遅くなりましたが、改めまして
明けましておめでとうございます。

新年早々、遠方まで活動されていますね。
毎度、私の知らぬ山を紹介してくれるリブルさんの知識と行動力に
感心いたします。
また、マイカー使用でなく、公共交通のみというのが良いですね。
今年もまだ登っていない山やルートの参考にさせていただきます。

たまびとさん、こんにちは。
今年もよろしくお願い致します。

三床山は以前行こうとして行けなかった山ですから、いつかはと思っていました。
小さいけれど、楽しい山ですよ。
車がなくても数人いればタクシーで行けますね。

自分は車は持っていないので、誰かに乗せてもらう時は除いて、
基本的に電車・バス、たまにタクシーです。
でも、最近はバスがなくなり、行けない山が増えているのが残念ですが...。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三床山:

« 港七福神 | トップページ | 百観音温泉 2016 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ