« 小手指ヶ原古戦場から狭山湖 | トップページ | 水仙と鎌倉古道 »

高峰から日の出山へ

11日は奥多摩へ。

2016011101

ちょっと出遅れたのでショートコースを考え、沢井駅が歩き出し。橋で多摩川を渡ります。

2016011102

築瀬尾根に取り付きます。取り付きに少しだけ手間取りましたが、植林の踏み跡が続いていました。

2016011103

鉄塔に出れば、そこから先は一般道。でも、途端に登ってきた人に会ったのにはびっくり。

2016011104

伐採地があって広大に伐採されていました。この時期はポカポカと暖かくいい尾根です。

2016011105

尾根に出て、しばらく歩けば高峰。御嶽渓谷を示す古い道標はまだ健在でした。

2016011106

しばらく登山道を登って日の出山。予想以上にすごい人。でも、富士山がほんのわずかに見えていたことに気づいている人は少なかったようです。

2016011107

日の出山北尾根の下りは初めてかな。踏み跡がしっかりしているので、磁石で確認しながら下れば大丈夫でした。

2016011108

だいぶ下ると、こちらも大伐採地に出ます。高度感ありすぎ。下れるのか心配になりましたが、尾根は大丈夫でした。

2016011109

予定通り、光仙橋の石段に出て、問題なく下れました。

2016011110

御嶽渓谷を歩いて、御嶽駅まで歩きました。

« 小手指ヶ原古戦場から狭山湖 | トップページ | 水仙と鎌倉古道 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高峰から日の出山へ:

« 小手指ヶ原古戦場から狭山湖 | トップページ | 水仙と鎌倉古道 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ