« シダンゴ山、高松山 | トップページ | 天王山、堂所山 »

藪道から草戸山

2/7は高尾へ。

2016020701

橋本駅から大戸行きに乗って、上大戸で下車します。
前日、この付近は雪が降ったようで、雪が積もっていました。

梅の花にも雪がつもり、出会った方ときれいですね、とお話しましたが、
どうやらはなねこさんだったようです。
お会いしたことがありませんでしたので、偶然の出会いでした。

2016020702

素晴らしい青空で、こんな日はやはり気分もいいですね。

2016020703

谷戸の先の藪道に進みますが、倒木もひどく、踏み跡はなんとかありますが、ほとんど歩かれていない状況。ひたすら頑張り、溶けた雪が雨のように降り注いで、着ていたジャケットがビショビショ。古い方を持ってきたのでよかったですけど。
ようやく尾根に這い上がれば、道に出ました。

2016020704

城山湖への分岐の道標は雪が張り付いていました。一時は吹雪いたのでしょうね。

2016020705

草戸山はポカポカと暖かく、たまにポタポタと溶けた雪が落ちてくるのを除けば、日だまりの山頂で良かったです。

2016020706

草戸峠へ出てみれば、向こうの尾根にはあまり雪がなさそうな雰囲気。
雪は局所的な降り方をしたみたいです。

2016020707

下りも藪道を降りるつもりでしたが、雪が張り付いているので止めて無難に四辻へ向かいました。下部はもう雪が溶けてしまっていました。

2016020708

温泉も空いていそうだったのですが、なんとなくそのまま高尾山口駅から帰りました。

 

« シダンゴ山、高松山 | トップページ | 天王山、堂所山 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは。
あの日は予定外の寄り道でしたが
あんなにきれいな雪景色が見られて、とてもラッキーでした。
 
尾根に上るまでの藪道は、かなりな状況のようですね。
以前そのあたりでお会いした方に、お勧めしませんと言われていて
でも、一度は行ってみようかと思っていたのでした。

それにしても、まさかお会いしていたとは・・・ (^^)
もっとたくさんお話すればよかったです。

はなねこさん、こんにちは。

あの日は予想外の景色でしたね。
青空が本当にきれいでした。

あちらは止めておいた方がよいと思います。
倒木だらけ、藪だらけ、わざわざ入り込むほどの踏み跡ではありませんよ。
普通の道を歩く方がよほど面白いです。

偶然というものはホントにあるんですね。
またどこかでお会いできるといいですね。(^^)

リブルさん  気が付きませんでした
草戸山は この道から行かれていたのですね?

山にとりつかれた 宝沢の谷戸は 大好きな谷戸です 
花や虫の写真を撮りに 時々訪ねています
春の佳き日など、じっとしていると幸せな気分になれる場所です
http://1203.air-nifty.com/_aozora/2008/04/2008_f097_8.html
など、いくつかの記事は、この谷戸が主な舞台です

谷戸の持ち主は老齢で、人に貸していますが 
借り主(耕作者)とは知り合いなので、出会えれば作物をいただけます(^^)

実はおととしまでわたしも、少しだけ畑をやっていた所でした

それに、はなねこさんもいらしたなんて・・・


 

ba_sobu です
書き忘れ、
リブルさんの歩かれた道は、元々ちゃんと歩けた道でしたが
数年前のゲリラ豪雨で 大地沢、宝沢とも決壊し、山も大荒れしたのです。

立ち入り禁止で長い間工事をしていましたが、沢は修復しました、
山道のうちハイキングコースは修復されましたが、この道はほっておかれたのでしょう
わたしも、決壊以来歩いてませんでした。
様子が分かってありがたいです。

ba_sobuさん、こんにちは。

このあたりはba_sobuさんの庭のような谷戸だったのですね。
なるほど、確かにあの奥は倒木などがひどくて、とてもまともな道には思えませんでしたが、
そのようなことがあったのですか。

大地沢の奥はだいぶ人の手が入っていますが、
やはり青少年センターなどの影響があるおかげかもしれませんね。

まだ寒いですけど、そろそろ良い時期になりそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藪道から草戸山:

« シダンゴ山、高松山 | トップページ | 天王山、堂所山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ