« 数馬の湯2016 | トップページ | 藪道から草戸山 »

シダンゴ山、高松山

遅れまくりですが、1/31は丹沢へ。

2016013101

予定では富士山を見に、違う山へ行くつもりだったけど、小田急線に乗っているとどんよりした曇りでとても行く気になれず、今まで歩いたことのなかったシダンゴ山へ行ってみようと終点の寄バス停で下車します。

2016013102

しばらく住宅地を歩き、さらに登っていくと動物避けのゲートを過ぎれば登山道になります。ちょっと霧が煙っている感じでした。

2016013103

霧と競争しながら登っていくと、シダンゴ山頂に着きました。どんよりした雲が重く、なんとか下界が見えた感じでした。

2016013104

シダンゴ山だけでは物足りないので、高松山に向かいます。途中には宮地山への分岐。そちらから登るコースも考えましたが、いっぺんに歩いてしまうと楽しみがなくなりますので、とっておくことにしました。

2016013105

林道に出てから階段を登り、その先はさらに急登が待っていました。さらに登っていくとようやく着いたのがダルマ沢ノ頭。樹林で眺めもなく、霧の雫がたくさん落ちてきました。ザックカバーまで付けました。

2016013106

秦野峠への道を分岐します。このあたりが一番霧が濃かったです。

2016013107

先へ行くと二人ほど会いました。さらに尾根を下っていくとようやく霧のエリアを抜けたようです。

2016013108

鉄塔を過ぎて登りを頑張り、西ヶ尾と思われるピークを過ぎて下るとはなじょろ道の分岐がありました。

2016013109

小さいけれど意外にきついアップダウンをこなして、さらに進むとようやくビリ堂からの道と合流し、広い山頂にようやく着きました。以前にも来たことのある山頂です。

2016013110

あまりよくない天気でしたが、それでも人は多かったです。富士など見えず、なんとか下の町が見えただけでした。

2016013111

冷たい風に吹かれながらビリ堂に下ります。石仏が置かれています。

2016013112

なおも歩きやすい道を下っていけば、道路に変わります。

2016013113

高速の下へ出た所で左に行かなくてはいけなかったようですが、そのまま直進してしまいます。でも、代わりに双体道祖神に会えました。

2016013114

高松山入口バス停に出ましたが、5分前に通り過ぎた模様。もしかするとバスが遅れてくる可能性もありましたが、その時間は西丹沢から来るバスではなく、町内循環なので、微妙な感じ。ちょっと見ていましたが、来る気配はないので、東山北の駅まで歩きました。しかし、駅でも40分の待ち。

2016013115

しょうがない、新松田駅まで歩くかとバス道路沿いをしばらく歩き、途中で右に線路を渡るとどうやら旧街道のような道で、途中は石仏だらけの楽しい道。双体道祖神も含めて石仏にいくつ会ったことでしょうか。新松田駅に着いたのはまだ東山北駅からの電車が来る前だったようでした。

« 数馬の湯2016 | トップページ | 藪道から草戸山 »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シダンゴ山、高松山:

« 数馬の湯2016 | トップページ | 藪道から草戸山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ