« 榧ノ木山から倉戸山 | トップページ | 丹沢のはずが お花編 »

丹沢のはずが

3連休の中日、20日は雨にはならなさそうだと出掛けました。
早朝に起きて小田急線に乗り、丹沢へ向かいましたが、伊勢原あたりから先は雨、雨、雨。
しかも本降りの雨です。おそらく午前中には雨は止むとは思ったものの、普通でない道を歩くにはしんどい天気。ということで中止して別な山に向かおうと思いましたが、丹沢の地図しか持っていないので、行ける所ということで高尾へ。

2016032001

ノープランなので高尾駅で下車して歩き出します。とりあえず梅林をかすめてその先のろくざん亭の先から登っていきます。早朝は雨だったのか、少ししっとりした感じ。途中からは晴れ間が見え出し、金毘羅神社に登り着くともう人がいました。

2016032002

いつものように四号路から一号路に登って高尾山頂。さすがに丹沢は雲の中でした。

2016032003

あんまり歩く気もしなくて、のんびり歩き、一丁平。やっぱりどんよりです。

2016032004

再び天気が良くなりだし、城山では梅がよく咲いていました。

2016032005

いつもの定点ポイントは珍しく人がいたので、少し手前で休憩。紅梅のほんのりの色合いが良かったです。

2016032006

植栽の水仙がよく咲いていました。

2016032007

城山からの下山は久しぶりに北東尾根。しかし、このコース、次から次へと人が登ってきてびっくり。道標はあまりないけど、もうすっかり一般コース状態に近い状態になっているようです。子供連れの親子まで登ってきて、これまた吃驚。

2016032008

日影沢に降り、いつものようにハナネコを見に行きます。抜け殻みたいなこんな白い状態も面白いですね。

2016032009

しばらく道路を歩いていくとカンヒザクラがよく咲いていました。

2016032010

途中にはミツマタも見かけました。

2016032011

高尾梅林はさすがに旬は過ぎていた感じでしたが、それでもまだ見られました。道路脇には菜の花が咲き、やはり晴れた日はお花もきれいに見えますね。

高尾駅まで歩きました。

« 榧ノ木山から倉戸山 | トップページ | 丹沢のはずが お花編 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢のはずが:

« 榧ノ木山から倉戸山 | トップページ | 丹沢のはずが お花編 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ

カウンタ