« 両神温泉 薬師の湯 | トップページ | 柿生の里散歩道 »

阿須丘陵

3/5は阿須丘陵コースへ。

2016030501

西武線元加治駅を歩き出し、まずは阿須丘陵七国コースのスタート、長澤寺へ。

2016030502

山に取り付いて登っていきます。途中ではマウンテンバイクに会いました。丘陵コースは最近は山登りよりも自転車の方が多いですね。だいぶ登ってようやく三郡坂。静かな場所であまり峠らしくない場所でした。

2016030503

急坂を下っていけば、唐沢川に出ます。少し先へ行くと今度はバイクが乗り入れてます。通行禁止の表示があるのに乗り入れはないだろうと思います。

2016030504

急な登りを頑張って落合道を登っていくと、旧七国峠に出ました。

2016030505

地図上の七国峠はすぐ先。やはり自転車が多いですね。

2016030506

七国三角点に登ってみます。以前よりも寂しい場所になった気が。
この日はまったく展望はありませんでした。

2016030507

その割にはわずかに日も差して、ぬくぬくと昼食を取れました。

2016030508

元来た道を戻って先へ進み、岩蔵温泉への道を左に見て右に入ります。旧上州道というらしいです。

2016030509

昔、岩淵へ下ったことがありますが、もうすっかり忘れています。途中にいくつも分岐を過ぎてさらに下っていきます。

2016030510

だいぶ下ってそろそろ終わりが近くなってくると峠のような所を過ぎます。

2016030511

左手に眺めが広がる所には団体さんが休んでいました。少し先に下ると四等三角点が道の脇にありました。そこからの眺めがなかなか。

2016030512

右に下るのかと思ったら左に曲がって下ると終点の表示がありました。

2016030513

飯能行きや河辺行きのバス停もあるけど、そのまま歩いて元加治駅に出ました。

 

« 両神温泉 薬師の湯 | トップページ | 柿生の里散歩道 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿須丘陵:

« 両神温泉 薬師の湯 | トップページ | 柿生の里散歩道 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ