« 鹿沼の低山へ | トップページ | 大澄山から浅間岳 »

皇居付近の桜散歩 2016/4/2

今日あたりは桜の花散らしの雨と風でしたが、
4/2は桜の花見を兼ねて皇居付近のお散歩。

2016040201

夜遅くまで雨が降り、どんよりと冴えない天気で山に出かける気もなく、急遽決めた桜の花見。
いつもながらですが、九段下で地下鉄を降りてまずは北の丸公園に向かいます。
天気はご覧のとおりでしたが、桜はよく咲いていました。

2016040202

晴れた日だと映えるんですけどねぇ。

2016040203

お堀に映る桜もいいですね。

2016040204

こちらはボートがたくさん。ボートから見る桜もいいものなのでしょうね。

2016040205

清水門を出て、竹橋駅近くのシダレザクラがきれいでした。

2016040206

東御苑に入り、のんびり歩きます。それなりに咲いていましたが、やはり人が多いですね。

2016040207

大手門近くの石積み。別にマニアではないですけど、この整然とした石積みには惹かれるものがありますよね。(^^)

2016040208

しばらくお堀に沿って歩きます。桔梗堀でしょうか。

2016040209

この日は乾通りの一般公開が行われていました。本当は3/末までの予定でしたが、3日間延長されたので、入ることにしました。

坂下門の手前でボディーチェックや持ち物検査を通り、坂下門先から宮内庁の建物を見て、さらに先へ。これは途中、左にある通り。(通行止ですので見るだけ。)

2016040210

これは下道灌堀あたりかな。

2016040211

乾門近くの桜がまた良い感じ。

2016040212

やっぱり青空が欲しい所。

2016040213

また竹橋付近に戻ってきました。

2016040214

再び、東御苑に入り、北の丸公園を通って九段下駅に戻り、
桜のお花見を終えました。

« 鹿沼の低山へ | トップページ | 大澄山から浅間岳 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皇居付近の桜散歩 2016/4/2:

« 鹿沼の低山へ | トップページ | 大澄山から浅間岳 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ