« 丹沢のはずが お花編 | トップページ | 鹿沼の低山へ »

黒川から諏訪ヶ岳、栗平へ

3/21は多摩のお散歩。

2016032101

小田急線黒川駅が歩き出しです。

2016032102

写真があまり良くありませんが、少し歩いた所にある汁守神社。意外に大きな木もありました。

2016032103

だいぶ歩いて諏訪ヶ岳の三角点。以前にも多摩よこやまの道を歩いて何度か来ていますが、久しぶりでした。

2016032104

谷戸田へ向かうと梅がまだ咲いていました。

2016032105

広い感じの真光寺公園。この日は手がかじかむくらいに肌寒い日でしたが、遊んでいる人達が結構いました。

2016032106

127mの三角点はオリの向こうみたいです。(公園の敷地内なんです。)

2016032107

栗木緑地を歩きます。住宅地の中の緑地です。

2016032108

住宅地の端や学校との境などを歩いていくと最後は花桃の栽培畑。ちょうど満開だったようです。

2016032109

写真を撮っていたら、急に天気がよくなりました。今更遅いよ。

2016032110

栗木駅までのんびり歩いて帰りました。
写真は撮りませんでしたが、久しぶりに帰りは祖師ヶ谷大蔵駅で途中下車し、そしがや温泉21に立ち寄って帰りました。
(以前に紹介したと思ったら、まだ書いていなかったようです。また行って写真を撮ってこなくては。(^^; )

« 丹沢のはずが お花編 | トップページ | 鹿沼の低山へ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒川から諏訪ヶ岳、栗平へ:

« 丹沢のはずが お花編 | トップページ | 鹿沼の低山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ