« 丹沢のはずが | トップページ | 黒川から諏訪ヶ岳、栗平へ »

丹沢のはずが お花編

まあ、いつもながらのお花が多いですが、やはり春のお花は楽しいですね。

2016032021

コチャルメソウはたくさんあります。

2016032022

ユリワサビ。

2016032023

この日はアオイスミレがよく咲いていました。

2016032024

ハナネコノメは終わりかけ。

2016032025

イチリンソウも咲き始めていました。やはり咲き始めは綺麗ですね。

2016032026

ヤマエンゴサクもたくさん。

2016032027

キバナノアマナに会ったのは、初めてなんですよ。これにはびっくりでした。

2016032028

アズマイチゲはちょっと遠い所が多くて、これは近かったけど、お花が少しかじられてしまっていたようでした。

2016032029

キクザキイチゲっぽいですが、こちらはきれいに咲いていました。

2016032030

ちょいピンずれですが、何と言ってもシュンランに会えたのが嬉しかった。高尾でシュンランに会えたことはなかったですからね。

想定外のお花もあって、楽しい歩きでした。


« 丹沢のはずが | トップページ | 黒川から諏訪ヶ岳、栗平へ »

お花」カテゴリの記事

コメント

リブルさん
思いがけなく お花見ハイキングになったのですね。
この時期は、つぎつぎにお花が咲いてくるので楽しいです。
キバナノアマナにも出会えてよかったですね~
私は、今年は見に行かれませんでした。
ニリンソウ(下に蕾が)は、これからですね。
以前のように一面に咲いてくれるように戻るといいですが。

ハナネコさん、こんにちは。

あの日は想定外でした。
今年は変な天気が続きますが、あれほどひどいとは思いませんでした。
ニリンソウ、以前の日影沢は本当にすごかったですね。
昔話にならないように、元に戻ってくれるといいですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢のはずが お花編:

« 丹沢のはずが | トップページ | 黒川から諏訪ヶ岳、栗平へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ