« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

青空の権現山

そろそろ一ヶ月遅れのアップが見えてしまっていますが、
5/5は権現山へ。

2016050501

GWらしい青空。久しぶりに浅川バス停が歩き出しです。

2016050502

お堂からの尾根に取り付きました。お墓の中を通るので、あまり良い取り付きではありませんでした。
下部は下草や灌木が邪魔するものの、しばらく登れば、なかなか良い尾根。

2016050503

しばらく辿ると尾根の直登になって結構きついです。

2016050504

一旦緩んでも再び急登が続きました。新緑を楽しみながら登ると見覚えのある場所で、尾根に出ました。

2016050505

権現山に向かいます。この日は本当に新緑がきれいで、楽しい尾根道でした。

2016050506

権現山に到着。やはり新緑の山々が青空とあいまって素晴らしい景色でした。

2016050507

素晴らしい富士の眺め。これもまた、権現山の良さですね。

2016050508

雨降山へ向かいます。新緑が素晴らしい!

2016050509

和見への道が分岐します。

2016050510

まだまだ新緑のトンネルが続きました。

2016050511

寺ノ入山は道の途中に表示があり、ニックラ山は登ってみましたが、山名板などは見つけられませんでした。一本杉を通りすぎて、芦垣尾根の分岐に出てしまいました。

2016050512

わずかに戻れば一本杉。以前、下に置かれていた山名板はもうなくなってしまったようでした。

2016050513

芦垣尾根を下って、御林峠。左の道をコヤシロ山に向かいます。

2016050514

わずかに歩きにくい道でしたが、谷を過ぎれば良い尾根道になります。

2016050515

小さなピークを過ぎて、さらに登り返せばコヤシロ山。やはり富士の眺めが良い山頂でした。また冬場に来てみたいですね。

2016050516

実成山は眺めのない通過するだけの場所。

2016050517

尾続山も眺めがなく、三角点がポツンと置かれていました。

2016050518

尾続に出ました。バスまで時間があったので、新井に出ましたが、まだ時間があり、本町三丁目まで。さらに先へ行こうと思ったら、臨時バスに拾われました。

2016050519

お花は少なめでしたが、フデリンドウはこの日も見られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都内の公園お花散歩

GWの公園は、お花が楽しい季節。

5/3は都内の公園に出掛けました。
と言っても、ある程度、どこかすぐに分かってしまいそうですけど。(^^;

2016050301

久しぶりにムサシノキスゲ。そんなに数は多くないようでした。

2016050302

ササバ銀さんですね。

2016050303

最近は金さんの方が増殖中のようです。銀さんの方が少ないようですね。

2016050304

おっと、こんな山もありました。

2016050305

こちらは銀さん。固まって咲いておりました。

2016050306

ちょっと離れて歩いた所に、こんなお花も見かけました。ムヒョヒョ。(^^)
やっぱり公園散歩は楽しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新緑の陣馬山

5/1は陣馬へ。

2016050101

前日はたっぷり歩いたから、休もうかと思いつつも、良い天気に誘われて歩くことに。
和田行きのバスを終点で下車します。
バス停のあった陣馬自然公園センターはいつの間にか閉鎖されてしまっていました。
トイレだけは今も利用可能です。
子供の日が近いので鯉のぼりが少し強い風の中、泳いでいました。

2016050102

鎌沢入口にあった橋が通行止になっているようで、和田の先に迂回路が設定されていました。看板には車両通行止とありますが、人が通れるかどうかは微妙なようです。

2016050103

歩いていくと白いお花が咲く木がきれいでした。ズミの木なのかな。

2016050104

2つ目の一の尾の尾根に上がる道を登ってみます。

2016050105

周りは新緑がとてもきれいでした。

2016050106

人に会ったのも数人のみ。静かな道で比較的歩きやすく良い道でした。一の尾の尾根に出た所には昔の道標がありす。右わだかま沢と書かれているのでしょうか。

2016050107

さすがに人の多い道を陣場山へ。山頂もたくさんの人でした。でも青空がとっても気持ち良い感じ。まだこの日はヤマツツジは蕾でした。

2016050108

一の尾の尾根を下っていきます。やはり新緑が気持ちいいです。

2016050109

だいぶ下ってから、右に上沢井へ下ってみました。さすがにちょっとマイナーコースの感じがありました。

2016050110

ちょっと道を探して、これではないかと思う道を小渕丘陵に向かいます。
途中からはあまり見かけない景色がなんとも新鮮。

2016050111

半信半疑でしたが、下ってくる登山者に会い、聞いたら鷹取山へ行く道だということで問題なかったです。たまに歩く人もいるのか、問題ない道でした。

2016050112

淡々と歩いて峠のような所にでれば小渕丘陵の道。道標を見ると鷹取山まで15分とあります。自分は山越えだけを想定していたのですが、時間を見ると行きたくなってしまいました。

2016050113

山頂へ向かうとヤマツツジがよく咲いていました。

2016050114

久しぶりの鷹取山頂。さすがにこの時期は眺めはありませんね。休んでいたら、沢井入口方面から団体さんが到着したので、先へ行くことにしました。

2016050115

さきほどの峠に戻って小渕の方へ降りてみます。昔からの山道という感じの道が続いています。作業道がいくつか別れていますが、道標などはありません。

2016050116

高速道路の前に出ました。左右に分かれていて、左は小渕、右は藤野台団地に行くようです。右の藤野台団地に下ることにしました。

2016050117

山腹を長く周りながら歩いていく道。草が多いですが、道は続いていました。やがて藤野台団地が見え、下っていきます。

2016050118

降りた所には鷹取山を示す手製の道標がありました。植栽のサクラソウが一輪咲いていたのが記憶に残りました。

2016050119

下って登り返し、車道に出ればもう上野原の市街地。駅まで歩く気にはなれず、いつもの新町バス停からバスで上野原駅に出ました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

芦川北側稜線 その2

その1からの続きです。

2016043022

右左口峠には中道往還の案内板がありました。

2016043023

しばらく歩いて柏尾坂峠。あまり人が来る峠には見えませんね。少し先には石祠がありました。

2016043025

さすがに午後ということもあって、かなり暑くなってきました。だいぶヘタバッてきましたが、登っていくと七覚山。ただの藪山ですね。

2016043026

踏み跡がちょっと怪しくなってきましたが、先へ進んでこの付近が関原峠と思われる場所。ほとんど峠道は消えているように見えます。

2016043027

茶平山に向かうと「たいら山」の表示がありました。

2016043028

茶平山へはかなりきつい登り。バテバテでなかなか登れず、かなり時間がかかりました。
ようやくの事で三角点に達しました。すでに14時過ぎ。

2016043029

先へ行くと踏み跡が少し濃くなりました。直登するより、こちらから往復する人が多いのでしょうね。

2016043030

林道終点に出ます。その先が大峠と思われますが、林道からはかなりの急な斜面で直接は無理なようです。

2016043032

しばらく林道を進んでから取り付いてみました。それなりに高い所まで行きましたが、ただの藪。小林氏の「甲斐の山山」でも、大峠について、どこが峠なのか定かではない、とあるので、まあ仕方ない所でしょうか。

2016043034

再びしばらく林道を歩いて山に取り付きます。

2016043035

古い山道もあったりするものの、藪道を辿って進んでいくと暗い樹林の中に三等三角点がひっそりとありました。ここが三ツ俣尾山でしょう。

2016043036

古い山道は落ち葉が溜まって歩きにくいことこの上なし。あまりにもひどいので、ちょっと外して歩いた所もありました。なんとか林道に降り立ってホッと一息。

2016043037

弓建峰へは少し踏み跡が濃くなり、たまに手製の道標もあって安心する道。
途中にはヤマツツジが咲いていました。

2016043039

弓建峰の祠の前で少し休憩してから、先へ行きます。踏み跡を追って進んでいくとやがて草が広がる踏み跡になります。

2016043040

なんか古い看板があるので、降りてみたら、桜峠と書かれていました。写真だと分かりにくいですが、上に石祠も見かけました。もう16時。でも、やはりこの時期は日が長いですね。

2016043041

わずかに登れば浅間神社。石祠と石碑が二つほどありました。

2016043042

後ろを振り返ると富士山が。雲をかぶっていましたが、随分長い道を歩いてきたので、最後に祝福された気分でした。

2016043043

一旦先へ林道に降りて登り返すと、見られないと思っていた浅間山の三角点がありました。最近更新されたのかきれいな三等三角点でした。

2016043044

あたりにはカラスがたくさん飛んでいました。もう下界が近いですね。

2016043045

下る道は最近はかなり歩かれているようで、夕方でも問題なく下ることができて安心しました。降り立った所には石碑がありました。山の先生と言われた地元の丹沢正作という人への歌碑だったようで、近くには小屋もあって説明板や写真などが飾られていました。

2016043046

歌舞伎公園に立ち寄りました。先に神社があり、安全に下れたので感謝の祈りを捧げます。案内板によると蹴裂神社という名称で、一条氏塁跡ということでした。

2016043047

のんびり民家の中を下っていくと甲斐上野駅。ちょうど17時でした。
9時間に渡る山歩きは自分ではかなりのロングコース、さすがに疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芦川北側稜線

やはりGWと言えばロングコース。ということで4/30は御坂へ。

2016043001

去年、大栃山を歩いた時に石和温泉駅7:22発のバスが書かれていました。
ずっと気になっていたのですが、笛吹市のページを確認するとやはり石和温泉駅発がしっかりありました。(富士急山梨バスのホームページにも時刻が乗っています。)
なのでこれを使って鳥坂トンネルで下車し、8時少し過ぎに出発します。

2016043002

まずは軽く鳥坂峠へ。道標が半分壊れているようです。

2016043003

気持ち良い稜線の道を歩いていきます。もう新緑が始まっていました。

2016043004

途中からはほんのわずかに頭を出した富士が樹林の合間から見えました。この稜線は釈迦ヶ岳の稜線に邪魔されるので、あまり富士の眺めはないようです。

2016043005

春日沢ノ頭にたどり着きます。南アルプスの眺めがやはりいい山頂です。

2016043006

このあたりは歩く人も多そうですね。

2016043007

下り着いた所が古峠でしょうか。

2016043008

登り返して何やら施設などを見ます。その先の樹林に入ると春日山の表示。

2016043009

ちょっと踏み跡ちっくな道を下っていくと黒坂峠。古い句碑がありました。

2016043010

防火帯の登りがなかなか。でもちょっときついです。

2016043011

だいぶ汗をかかされて登りついた所がトヤンハチでしょうか。春日山最高点という古い看板があります。

2016043012

防火帯を下っていき、下りが終わると怪しい踏み跡道に変わってしまいます。わずかな踏み跡を磁石を頼りに進むと鶯宿峠に出ます。

2016043013

鶯宿峠にはなんじゃもんじゃの木(リョウメンヒノキ)があります。

2016043014

しばらく道路を進みます。なぜか自衛隊のトラックが来てました。挨拶してゲートの先へ行くと滝戸山へ向かう道が始まります。

2016043015

しばらく登り、名所山を示す道標があり、それにしたがって怪しい踏み跡を進むと名所山の表示がありました。ここは1118.4mでしょうか。

2016043016

しばらく長い登りが続きます。そろそろ足が少し疲れてきているようです。尾根に出てしばらく進むと1205mでしょうか。

2016043017

さらに進み、登っていくと滝戸山に着きました。まだ11時でしたが、ここで早めの昼食休憩。

2016043018

山頂から良い踏み跡を辿ったら、右に下りそうになったので、慌てて尾根に登って先へ行きます。傾斜は比較的緩やかなアップダウンが続きますが、踏み跡は怪しい感じ。磁石を頼りに千畳敷に着きます。

2016043019

下っていると、ミツバツツジがまだきれいでした。

この先、ちょっと難しい下りとなり、磁石を何度も確認しながら進む下りになりました。
岩を見てさらに下るとテープも結構みますが、踏み跡は怪しい感じ。

2016043020

なんとか最低鞍部付近のハト口峠はこのあたりでしょうか。
この後、登り返しになり、しばらくきつい登りで丘のような所を越えると、日蔭山の外輪山でした。再び下り、盆地状の不思議な景色を見ます。圧倒されたせいか、写真を撮り忘れました。
その上、日蔭山に登ったのですが、三角点も見つけることができず、また、写真も撮らず、ということで、そのうちにまた行かなくてはいけない山になりました。

2016043021

下っていくと、出た所は右左口峠。もうすでに13時。果たして、この先、甲斐上野駅まで行けるのでしょうか。

その2に続く。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

加治丘陵

ようやくGWの話に突入。(^^;
4/29は加治丘陵へ。(※1)

2016042901

3月に阿須丘陵七国コースを歩きましたが、今回はそのお隣の阿須山を目指しました。
この日は雨予報のはずでしたが、風が強いものの予想外の良いお天気。お昼過ぎから出かけることにしました。
西武線仏子駅を出てモニュメントのようなでかい彫像を見て先へ登って、まずは154.4mの四等三角点。道から外れた所にあるのでひっそりとした樹林の中にありました。

2016042902

しばらく進むと右にどんぐりの森入口と書かれた表示があるので行ってみます。

2016042903

丘陵ながら素晴らしい眺め。武甲山や先日登った大持山など奥武蔵の山々を見ることができました。

2016042904

しばらく先へ進んでから戻るように入ると阿須山の二等三角点。樹林の中で眺めはありません。

2016042905

山仕事の広場はとても大きな広場。こんないい天気なのに誰もいないのが不思議なくらいでした。

2016042906

下って丘陵が終わるくらいの所まで行き、左に登り返していくと愛宕神社。
お参りして先へ進みます。

2016042907

桜山展望台に着きます。この日はホントに暴風と言っていいくらいの風。強風、強雨の時は封鎖されるようですが、いい天気のせいか開いているので登りました。

2016042908

やはりこちらも素晴らしい眺め。あちらは丹沢の方かな。

2016042909

奥多摩、奥武蔵の山々を一望できるいい展望台でした。

2016042911

近道を山仕事の広場に戻って、あけぼの子どもの森公園に向かおうとしたら、残念ながら崩落のおそれがあるため通行止めでした。

2016042912

何も調べていませんでしたが、少し戻った駿河台大学への道を取ってみました。

2016042913

道は問題なく続いていて、駿河台大学の近くに下りつきました。
ちょっと帰り道に迷いましたが、左へ行くと以前に歩いた時の道に出ることができました。
橋からは歩いた加治丘陵を見ることができました。

2016042914

元加治駅に出て帰りました。

(※1)最初、阿須丘陵というタイトルでアップしましたが、こちらは加治丘陵と呼ぶのが一般的なようです。阿須山丘陵という名称もあるようですが、ここでは加治丘陵としておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大持山でカタクリを見る

今さらカタクリかよ、と言われそうですが、4/23は大持山へ。

2016042301

西武秩父駅からのバスは、山登りには非常に使いにくい時間。
とは言え、ここへ入るにはタクシーだとそれなりにかかるし、単独ではなかなか難しい。
天気イマイチだけど、雨はなさそうだし、日は長いし、ということでバスで行ってみることに。

以前のワゴン車のようなメロディーバスじゃなく、マイクロバスが来て、
お客さんが増えたからかなとちょっと思ったら、その日は故障中だったようです。
渓流荘バス停で下車します。バスを降りたのはもう11時ちょっと前。

2016042302

西尾根に取り付き、登っていきます。下部は巡視路とは言え、なかなかきつい登り。
山の上の方は雲がかかっていたようです。
お昼近いので、鉄塔に着いた所で昼食。

2016042314

植林の中もきつかったけど、抜けたあたりがまたきついのなんの。
やっぱり急登が続きますね。途中は晴れたり曇ったり忙しい天気です。

2016042304

1142m付近はブナもあり、目の前に大持山が見えますが、まだ遠いです。

2016042305

途中にはカタクリがちらほら。葉はたくさん見ましたけど、咲いているお花は少なかったようです。

2016042306

ようやく登りついた大持山。この日はまだ芽吹き前でした。たくさんの人が小持山方面からやってきて、自分もアカヤシオを見に行きたかったけど、もう13時過ぎなので諦めました。

2016042307

下りに入るとうっすらと霧が。カタクリがやはりちょこちょこ咲いていました。

2016042308

妻坂峠に向かうと完全に霧の道となりました。

2016042309

急な下りはやっぱり嫌な道。霧の下へ抜けたようで、妻坂峠は霧ではありませんでした。
石仏が健在です。

2016042310

いつも名郷に下っているので、一度くらいは横瀬駅へ向かってみようとそちらへ下ります。
もう新緑の道となっていました。

2016042311

良い道を下っていき、やがて道路に出て少し下れば、一の鳥居。まだ自分はここから武甲山に登ったことはないんですよ。

2016042312

さらに下ると砕石工場だらけ。その上ダンプカーが走り回る道で、はっきり言ってここを歩く人はほとんどいないでしょう。やはり一の鳥居付近からタクシーを呼ぶのが順当なのでしょうね。
ひたすら埃っぽい道を下るとだいぶ下ったあたりで二子山が見えますが、あまり見たことのない姿を見せていました。

2016042313

ようやく横瀬駅近くから振り返ると武甲山。
そろそろなくなってしまう日が近づいているような気がしました。

ということでこの日見たお花。

2016042321

フモトスミレはかわいいスミレ。これを見るともうスミレもそろそろ終わりですね。

2016042322

フデリンドウ。

2016042323

いつも静かではないヒトリシズカ。

2016042324

シロバナナガバノスミレサイシンはちょっと濡れてました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

仙人ヶ岳へ

山に行くのが忙しくて相変わらず遅れまくりですが、4/16は仙人ヶ岳へ。

2016041601

久しぶりに足利市駅から松田線に乗り、松田四丁目へ。いくつも病院とか経由していくので、随分時間がかかりました。

2016041602

もうあたりは新緑の雰囲気が良い感じでした。

2016041603

猪子トンネルの横を左に曲がります。

2016041604

少し行った登山口から登り、それほどかからず猪子峠。以前はこの写真左の深高山へ向かいましたが、仙人ヶ岳に向かいます。

2016041605

登っていくとヤマツツジロード、なかなかいい感じです。

2016041606

さらに進めば、ミツバツツジも出てきました。

2016041607

結構なアップダウンで、猪子山。511mですね。

2016041608

犬返しに向かう稜線はアップダウンのある岩場のある道。まだ淡い新緑が素晴らしい感じでした。写真だとたいしたことないけど、肉眼だともっと鮮やかでしたよ。

ちなみにこの先で女性とはぐれた男性に会い、ちょっと心配させられます。そのせいで鎖場の写真を撮り忘れました。でも、その先で女性が下ってきて、問題なく会えたようで、一安心。(^^;

2016041609

先へ行けば、アカヤシオ!これはちょっと色が柔らかいですが、やっぱりアカヤシオはいいですね。花つきもさすが。

2016041610

さらに進んでいくとヤマザクラや桜がまだ咲いていて、これまたいい感じ。ヤマザクラは目でみると綺麗なんですけど、写真写りは悪いんですよね。

2016041611

山頂に近くなってきてもまだアカヤシオ。やはり青空と合いますね。

2016041612

なんとか仙人ヶ岳の頂上。まだこのあたりは芽吹き前でした。

2016041613

前仙人へ向かいます。あまりこちらは歩かれていない雰囲気。あれ、なんか木が黒ずんでいるぞ!

2016041614

途中、県境尾根を分岐しますが、どうやら山火事があった雰囲気。数年前に焼けたようですが、今でも黒ずんだ木がたくさん残っています。こんな状況だと、あまり歩きたいと思えないですね。

2016041615

前仙人への登りの左側の斜面は広大な山火事跡。焼けたまま倒れもせず、そのまま立ち枯れているのがひどい雰囲気でした。やはり山火事を起こしてはなりませんね。

2016041616

ようやく登りついた前仙人。仙ヶ沢(せんがさー)と書かれた板切れが付いていました。

2016041617

昔のガイドに載っていたコースですが、今は歩く人はほとんどいないようで、地図読みの尾根になっています。踏み跡はわずか、テープもありますが、たまに磁石で方向を確認したり、ちょっと分かりにくい所がありますので、地図、磁石は必携です。

2016041618

途中、分岐で迷う所もありましたが、なんとか正しく尾根を下ることができました。下部は古い山道が残っていて、それを追えば、塩ノ宮神社に下ることができました。

2016041619

間に合わないかと思いましたが、瀬場橋入口バス停14時11分のバスに20分を余しており、のんびりバスを待ちました。

ということでこの日みたお花。

2016041620

ニオイタチツボスミレ、やっぱりいい香りです。

2016041621

フイリフモトスミレはやっぱり小さいです。

楽しい山歩きでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »