« 都内の公園お花散歩 | トップページ | GW終盤の高尾山 »

青空の権現山

そろそろ一ヶ月遅れのアップが見えてしまっていますが、
5/5は権現山へ。

2016050501

GWらしい青空。久しぶりに浅川バス停が歩き出しです。

2016050502

お堂からの尾根に取り付きました。お墓の中を通るので、あまり良い取り付きではありませんでした。
下部は下草や灌木が邪魔するものの、しばらく登れば、なかなか良い尾根。

2016050503

しばらく辿ると尾根の直登になって結構きついです。

2016050504

一旦緩んでも再び急登が続きました。新緑を楽しみながら登ると見覚えのある場所で、尾根に出ました。

2016050505

権現山に向かいます。この日は本当に新緑がきれいで、楽しい尾根道でした。

2016050506

権現山に到着。やはり新緑の山々が青空とあいまって素晴らしい景色でした。

2016050507

素晴らしい富士の眺め。これもまた、権現山の良さですね。

2016050508

雨降山へ向かいます。新緑が素晴らしい!

2016050509

和見への道が分岐します。

2016050510

まだまだ新緑のトンネルが続きました。

2016050511

寺ノ入山は道の途中に表示があり、ニックラ山は登ってみましたが、山名板などは見つけられませんでした。一本杉を通りすぎて、芦垣尾根の分岐に出てしまいました。

2016050512

わずかに戻れば一本杉。以前、下に置かれていた山名板はもうなくなってしまったようでした。

2016050513

芦垣尾根を下って、御林峠。左の道をコヤシロ山に向かいます。

2016050514

わずかに歩きにくい道でしたが、谷を過ぎれば良い尾根道になります。

2016050515

小さなピークを過ぎて、さらに登り返せばコヤシロ山。やはり富士の眺めが良い山頂でした。また冬場に来てみたいですね。

2016050516

実成山は眺めのない通過するだけの場所。

2016050517

尾続山も眺めがなく、三角点がポツンと置かれていました。

2016050518

尾続に出ました。バスまで時間があったので、新井に出ましたが、まだ時間があり、本町三丁目まで。さらに先へ行こうと思ったら、臨時バスに拾われました。

2016050519

お花は少なめでしたが、フデリンドウはこの日も見られました。

« 都内の公園お花散歩 | トップページ | GW終盤の高尾山 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青空の権現山:

« 都内の公園お花散歩 | トップページ | GW終盤の高尾山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ