« 新緑の陣馬山 | トップページ | 青空の権現山 »

都内の公園お花散歩

GWの公園は、お花が楽しい季節。

5/3は都内の公園に出掛けました。
と言っても、ある程度、どこかすぐに分かってしまいそうですけど。(^^;

2016050301

久しぶりにムサシノキスゲ。そんなに数は多くないようでした。

2016050302

ササバ銀さんですね。

2016050303

最近は金さんの方が増殖中のようです。銀さんの方が少ないようですね。

2016050304

おっと、こんな山もありました。

2016050305

こちらは銀さん。固まって咲いておりました。

2016050306

ちょっと離れて歩いた所に、こんなお花も見かけました。ムヒョヒョ。(^^)
やっぱり公園散歩は楽しいですね。

« 新緑の陣馬山 | トップページ | 青空の権現山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

ムサシノキスゲと言えば、あの山ですね。
5/3の朝、私も行っていました。(家から近いので)
キスゲはまだ時期が早かったようですが、キンランが増えましたね。
ギンランも昨年は数株程度でしたが、今年は30株以上みられました。

連休は石神井公園と武蔵野三十三観音霊場を巡っていました。
リブルさんが以前紹介していた長命寺も行ってきましたよ。
山門の大きな四天王像が印象的でした。


たまびとさん、こんにちは。

なんと、ニアミスでしたか。自分は午前中の遅い時間でしたので、お会いはできなかったかも。
なんと30株も見つけられたのですか!
自分は5株くらいしか見かけられませんでしたよ。
あれも、あのあたりをしっかり保護されている方々のご苦労があってこそなのでしょうね。

三十三観音巡り、全部回るとなると結構大変ですね。
しかもこの時期は少し暑かったのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都内の公園お花散歩:

« 新緑の陣馬山 | トップページ | 青空の権現山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ