« GW終盤の高尾山 | トップページ | 軽便鉄道の跡をさぐる »

矢沢の奥へ

GWの最後は矢沢の奥へ。

2016050801

武蔵五日市からのバスを南郷で下車します。こんな所で降りたのは初めて。

2016050802

矢沢の奥へ入ると広大な伐採地があります。ここまできれいになってしまうとちょっと吃驚。

2016050803

ようやく林道終点。そこから沢に入る感じです。

2016050804

沢横の踏み跡を探しながら進んでいくと昔の炭焼き釜の跡が残っていました。

2016050805

踏み跡を辿って登ると作業小屋がありました。

2016050806

なおも辿って登っていくと、意外にあっさりと茅丸に出ました。

2016050807

連行峰の方に進みます。まだまだ新緑が残っておりました。

2016050808

途中には大蔵里山の表示。

2016050809

久しぶりの醍醐丸。珍しく誰もいませんでした。

2016050810

市道山に向かいましたが、途中の新緑は予想以上にきれいで、見なおした感じでした。

2016050811

さすがに市道山にはそれなりに人がいました。

2016050812

臼杵神社に立ち寄ります。片方の石像は壊れかけているようです。

2016050813

茱萸尾根を下ります。すぐ先のピークあたりから右も伐採地になっていました。

2016050814

眺めが良すぎて高度感がありました。

2016050815

茱萸御前の表示のある手前あたりも左側が大きく伐採されています。登山道に影響を与えないためか、手前には樹林が少し残されているので、転落するような事はないと思います。

2016050816

荷田子バス停に出ましたが、バスまで時間があったので十里木へ。GWなのでどうせ入場規制だろうと温泉には立ち寄りませんでした。


« GW終盤の高尾山 | トップページ | 軽便鉄道の跡をさぐる »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢沢の奥へ:

« GW終盤の高尾山 | トップページ | 軽便鉄道の跡をさぐる »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ