« 本仁田山あたり | トップページ | 高尾山付近の散歩道 »

檜洞丸でシロヤシオを楽しむ

すっかり季節感がずれたレポですが、5/21は丹沢へ。

2016052101

音久和バス停を歩き出し、長い神ノ川林道を歩きます。途中からのまだ新緑の感じの残る山々の眺めがなごまされます。

2016052102

フジの花のようですが、白花でした。

2016052103

神ノ川ヒュッテ手前からは歩いたことのない道。途中には、袖平山への道が分岐。
袖平山も歩いたことがないし、いつかは歩いてみたいですね。

2016052104

トンネルの手前には孫右エ門沢に滝がかかっています。

2016052106

北東尾根に向かいます。彦右エ門沢のあたりは植栽がされているようですね。

2016052107

植林の中の少しきつい登りが続き、ようやく出た小平地。やかんが転がっていましたが、かなり風化している感じ。昭和の頃のものでしょうね。

2016052108

しばらくは植林地が続きましたが、やがて林相が変わるとブナが出てきて良い感じの尾根になります。やはり丹沢らしいですね。

2016052109

少しはあるかなと思っていましたが、シロヤシオが出てきました!
さすがの花つきです。

2016052110

次から次へとシロヤシオ!まさにトンネル状態です。
見た目はもっときれいなのですが、写真の腕がないので、あまりきれいに見えないのが残念ですね。

2016052113

すごいすごいと連発しながら登っていきます。

2016052114

新緑とシロヤシオの尾根を満喫しながら進みます。

2016052115

ようやく着いた頂上はさすがにすごい人。
横に来られた女性とお話すると北海道から来られた方で吃驚でした。

2016052116

下りは久しぶりに犬越路へ向かいます。やっぱりいい眺めですね。

2016052117

まだまだこちらもシロヤシオ。

2016052119

途中には色の濃いツツジ。ムラサキヤシオでしょうか。

2016052120

大笄あたり。その先は鎖などが続きますが、人だらけで登山道渋滞が発生していました。

2016052121

まだまだシロヤシオが続きます。

2016052122

大室山が近くなれば、だいぶ犬越路に近づきました。

2016052123

犬越路もたくさんの人が休んでいます。そのまま下りました。

2016052124

沢近くに出るとベニバナツクバネウツギ。でも、もう終わりかけでした。

西丹沢自然教室に降りると少し前にバスが行った所。でも、列の前の方でしたので良かったですが、2台のバスがほとんど埋まるくらいの人出でした。

 

« 本仁田山あたり | トップページ | 高尾山付近の散歩道 »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

檜洞丸のシロヤシオ、見事な群落ですね。
奥多摩でも見かけますが、数本程度でしょうか。
丹沢でも山梨県境の山はアプローチが長く、なかなか足が向きませんが、
リブルさんのブログに刺激され、昨年より中央沿線の山から登っています。
先日、乾徳山で期待していなかったシャクナゲを見ることができました。
今年は大菩薩連稜の南部、来年は道志山塊へも行こうと考えています。

追伸:冒頭の白いフジの花は同じマメ科の「ニセアカシア」と思います。

たまびとさん、こんにちは。

今年はシロヤシオ、他の方のblogでたくさん拝見していましたが、
自分は見られないかと思っていました。
檜洞丸はなんとか最後にシロヤシオが見られるのではないか、でも遅いかも、
と思いつつ行ってみたところ、予想外にまだ間に合いました。

乾徳山はいつ行っても楽しいですね。
自分もまた行きたいです。

あのお花はニセアカシアですか。
そう言われると、以前に甲斐大和駅から景徳院に向かう途中にたくさん咲いていたのを思い出しました。
ありがとうございます。
たまびとさんはお花にも詳しいのですね。
このblogにあげているいろいろな花名なども勘違いが多々あると思いますので、また教えて下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 檜洞丸でシロヤシオを楽しむ:

« 本仁田山あたり | トップページ | 高尾山付近の散歩道 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ