« 青空の権現山 | トップページ | 矢沢の奥へ »

GW終盤の高尾山

ついつい出掛けてしまう、高尾。
ということで5/7は高尾山へ。

2016050701

裏高尾バス停が歩き出し。まずはツボスミレ。

2016050702

ホウチャクソウ。

2016050703

日影沢沿いはシャガがよく咲いておりました。

2016050704

ラショウモンカズラは咲き残り。

2016050705

ちょっとカメラの設定がおかしくてかなり暗めの写真になっちゃいましたが、城山からは富士がしっかり見えました。

2016050706

今回は一号路から琵琶滝へ。琵琶滝では修行中でかなりの声が聞こえてきました。

2016050707

やっぱり道沿いはシャガの群生。

2016050711

そういえば銀さんも。

2016050712

金ちゃんもありますね。

2016050710

人の多い道でカメラを仕舞おうとザックを下ろして入れていたら、近くにいた人がボソッと「XXだ。」という声。ムムッ?と覗いてみたら、まるで雑草の如く、こんなお花が。
まさかこんな所に咲くとは。。。もちろん山で自生のものを見るのは初めて。
高尾山、やっぱり恐るべしお花の山だなぁ。。。

でも、先日、この写真とは別の高尾山のある道を通ったら、盗掘がありましたとの表示。
大事にしたいものですね。


« 青空の権現山 | トップページ | 矢沢の奥へ »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GW終盤の高尾山:

« 青空の権現山 | トップページ | 矢沢の奥へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ