« 吹上しょうぶ公園と勝沼城跡 | トップページ | 前野原温泉 さやの湯処 »

激藪からの城山

6/19は城山へ。

2016061901

小仏バス停が歩き出し。

2016061902

宝珠寺にある「小仏のカゴノキ」を見ます。なかなかの太さです。

2016061903

不動の滝を見に行きます。小さな滝でまるで人工のような感じもします。

2016061904

先へ踏み込みますが、藪の踏み跡。奥には木橋がありましたが、かなり怪しいもの。
強度を確認して、なんとか渡れましたが、そろそろ危ない感じです。
その先は激藪の尾根が続き、何か虫に刺されたのか、それとも藪でやられたのか、手がかぶれてしまいました。
やはり暑い時に踏み込む場所ではないようですね。(T_T)

2016061905

ようやくひどい藪を抜けると若干良くなりますが、それでもこの有様。

2016061906

やっとのことで北東尾根に出れば、ホッとしました。

2016061907

城山山頂はやはりあまり天気が良くなく、こんな感じ。

2016061908

高尾山に向かうとヤマボウシがよく咲いていました。

2016061909

高尾山頂も蒸し暑いのに人は減りませんね。

2016061910

六号路を淡々と下って、高尾山口に近いあたりはアジサイがきれいでした。


« 吹上しょうぶ公園と勝沼城跡 | トップページ | 前野原温泉 さやの湯処 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激藪からの城山:

« 吹上しょうぶ公園と勝沼城跡 | トップページ | 前野原温泉 さやの湯処 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ