« 高尾山付近の散歩道 | トップページ | 海沢から御岳山奥の院で遊ぶ »

日光高山と欲張りプラン

5/29は日光へ。

2016052901

バスを竜頭の滝で下車します。
抜けるような青空の下、シロヤシオとツツジのコラボが素晴らしかったです!

2016052902

竜頭の滝をしっかりと見たことがなかったので、立ち寄ってみました。いつも上からしか見たことがなかったですが、なかなかよい滝ですね。

2016052903

滝上に出て高山に向かうとズミの花がよく咲いていました。

2016052904

シャクナゲを見つけましたが、もう咲き終わりでした。

2016052905

ずいぶん久しぶりの高山の山頂。

2016052906

予想通り、まだシロヤシオが咲いていました。

2016052907

すごい花つきですね。

2016052909

シロヤシオを堪能して下っていくと、熊窪分岐。以前はここから小田代が原に下りましたが、今回は熊窪に下ります。

2016052910

足元にはクワガタソウが。これは背が低く、ヤマクワガタでしょうね。

2016052911

熊窪に出て、しばらく湖畔道を進み、千手ヶ浜に出ます。男体山はいつ見てもいい山です。

2016052912

一度は見たいと思っていたクリンソウ、たくさん咲いていました。

2016052913

水辺にもたくさん咲いていました。

2016052915

さて、まだ時間があるので西の湖に行ってみます。

2016052917

長い樹林の中の道を歩いて西の湖。雪が少なかったせいか、半分以上涸れてしまっていました。

2016052918

西の湖入口に出て、普通はバスで帰る所ですが、歩きたくなり、林道を少し進むと小田代が原を示す道標と山道があります。

2016052919

こちらからだとかなり登りが多く、しっかりと登山道でした。ちょっと樹林の中で分かりにくい所もありますが、柵があったり、マーキングがあるので、霧が深いなどの条件でなければ問題なさそうです。

2016052920

蒸し暑い中を登らされたりするので、結構きついです。

2016052921

やっとのことで林道に出ました。

2016052922

弓張峠は車道のせいか、あまり峠らしくない雰囲気でした。

2016052923

小田代が原に入り、木道を歩いていきます。展望台という場所がありますが、木などが育って今ひとつでした。

2016052924

途中にはツマトリソウが咲いていました。

2016052925

石楠花橋から滝上に向かうと川に降りることができる所があり、小滝がありました。
しばらくミツバツツジと川の流れを見ながら休憩しました。

滝上バス停からバスに乗って帰りました。

« 高尾山付近の散歩道 | トップページ | 海沢から御岳山奥の院で遊ぶ »

登山(尾瀬・日光)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光高山と欲張りプラン:

« 高尾山付近の散歩道 | トップページ | 海沢から御岳山奥の院で遊ぶ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ