« 前野原温泉 さやの湯処 | トップページ | 浅間尾根へ »

南沢あじさい山から日の出山

6/26は奥多摩へ。

2016062601

武蔵五日市駅で下車します。

2016062602

今まで気が付かなかったけど、駅前の自動販売機は西東京バス型なんですね。(^^;

2016062603

のんびり歩いていきます。愛宕神社の怪しい道を少し歩いたりしてから再び道路に戻り、進んでいきます。意外に人が歩いていました。途中には穴澤天神社。

2016062604

やがて沿道にたくさんのアジサイを見ることができるようになります。白いアジサイもなかなか。

2016062605

途中にはヤマホタルブクロ。

2016062606

私有地のため、アジサイの時期は入るのに協力金300円払います。

2016062607

登り道にもたくさんのアジサイ。

2016062608

色とりどりのアジサイが楽しめます。

2016062609

奥の谷もたくさんのアジサイ。林道から南沢山へ登ろうと思っていましたが、この日は通行止めでした。

2016062610

一旦戻って、金比羅山方面と書かれた石段から登山道に入ります。

2016062611

だいぶ登って途中の林道への分岐はやはり通行止めになっていました。

2016062612

一旦南沢林道に出てから、金毘羅山の稜線に出ます。金比羅山に向かおうかと思っていましたが、行く人、来る人、たくさんの人なので、行く気がなくなり、麻生山に向かいました。

2016062613

だいぶ草が伸びていました。伐採地は植林がされたようですね。

2016062614

久しぶりに麻生山に着くと、なんと半分が伐採されていました。これには吃驚。でも、昔を懐かしんでしまいます。

2016062615

途中にはオカトラノオがちらり。

2016062616

そんなに歩くつもりではなかったのですが、ここまで来たら日の出山まで行くことにします。

2016062617

日の出山の山頂は暑いのにやはり人が多かったです。

2016062618

久しぶりにつるつる温泉に向かいます。最近は道が随分広がりましたね。

2016062619

下って林道に出れば、もう少し。

2016062620

すぐに小さな橋を渡りますが、年季の入ったオブジェが。ザリガニを模したのでしょうかね。

 

2016062621

つるつる温泉で一風呂浴びて帰りました。

« 前野原温泉 さやの湯処 | トップページ | 浅間尾根へ »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

五日市というと、まだ小学生頃、山のお寺の宿坊で過ごした
夏休みの日々を今も懐かしく思い出します。
それ以来、山や野に咲く花々が好きになり、今に至っています。
私にとって五日市は故郷のような存在です。
うれしいのは今も40年以上前とあまり変わっていないことですね。

南沢あじさい山へは2年程前に行きました。沢沿いの杉林の中に
広がるあじさい畑は、また公園で見るのと違っていいですね。

あじさい山の分岐を右へ行ったところに樹齢4百年程の
「山抱きの大樫」と「千年契り杉」という巨木があり、
近年道も整備され、今度行こうと思っています。

ようやく梅雨も明け、本格的に暑くなりますね。

たまびとさん、こんにちは。

五日市もやはり少しずつ変化していますが、都市部に比べれば変化は少ないものですね。
あれだけアジサイがあるとは思いませんでした。
そうそう、巨樹もあるんですよね。知ってはいたものの、今回は暑くて見に行く気になれませんでしたが、
涼しい時期に行ってみたいと思います。

最近は梅雨明けするとあまりにも暑いので、嬉しさが感じられなくなりつつある今日このごろです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南沢あじさい山から日の出山:

« 前野原温泉 さやの湯処 | トップページ | 浅間尾根へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ