« 朝日岳 | トップページ | 三倉山 »

三斗小屋温泉 煙草屋旅館

下っていくと、着いたのは三斗小屋温泉。

2016061115

煙草屋旅館と大黒屋さんの二軒だけがある、歩いてしか行けない温泉です。以前は秘湯でしたけど、今は人気がかなりあり、土日はなかなか予約が取れないみたいです。
今回も煙草屋旅館さんに宿泊します。
場所的には会津っぽい雰囲気ですが、このあたりは那須塩原市になっています。

2016061116

やはり、何と言っても、大自然のこの露天風呂!(^^)
目の前に見えるのは流石山から大倉山あたりの稜線のようです。
気温が高いせいか、この日はちょっと熱めでした。
3時~5時は女性専用になるので、男性の場合は2時頃までに着くのがお勧めです。
この日はほとんど入っている人がおらず、自分以外は一人、二人というくらい。
5時過ぎにも入りましたが、団体さんで混んでおりました。
少しすべすべ感のある温泉です。わずかに濁りが感じられます。

内湯はちょっと泉質が違い、キリッとした感じのお湯。
こちらはこちらで悪くないお湯。浴槽が別れていて、右手はわずかに熱め、左手はぬるめでした。露天風呂に比べて随分ぬるめに設定されているようでしたが、こちらは加温しているのかもしれませんね。

さすがに早朝出発の山歩きと温泉の疲れがドッと出て、次の日が朝早いこともあって、7時過ぎには寝てしまいました。

やはりいい温泉でした。

« 朝日岳 | トップページ | 三倉山 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

いいところへ行かれますね。
三斗小屋温泉、ずーとあこがれの温泉です。
行きたいと思ってかれこれ40年、でも写真を見る限り、
あまり変わっていないように思います。
今でも徒歩でしか行けないところがいいですね。
そろそろ本気で計画しますか。


いつかは泊まってみたいと思いつつもなかなか実現できていません。
山のいで湯いいですね。

たまびとさん、こんにちは。

三斗小屋温泉、自分は3度目でした。
大黒屋さんも泊まってみたいのですが、なかなか。
何度来てもよい温泉です。
次の日がなければ朝も入りたかったです。

ぜいぜいさん、こんにちは。

ここは車でも入れない場所ですね。
でもぜいぜいさんなら一足で着いてしまいそうですけど。
ぜひ、いつかは泊まってみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三斗小屋温泉 煙草屋旅館:

« 朝日岳 | トップページ | 三倉山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ