« 海沢から御岳山奥の院で遊ぶ | トップページ | 三斗小屋温泉 煙草屋旅館 »

朝日岳

先日、久しぶりに那須へ。

2016061101

最初は峰の茶屋へ登ろうと思っていましたが、天気が良いのでロープウェイに乗りました。山頂駅で降りると良い眺め。

2016061102

しばらく登ると岩場の登りになり、茶臼岳を目指して登っていきます。

2016061104

分岐の標識が出てくれば、もう山頂は近いです。

2016061105

茶臼岳山頂。こんなに天気の良いこの山頂は初めてでした。祠は新しいですね。

2016061106

向こうには流石山などを眺めることができます。

2016061107

右手には朝日岳や三本槍岳を眺められました。

2016061108

平日のせいか、学生などのグループが多いです。久しぶりの峰の茶屋。

2016061109

まだ時間が早いので、朝日岳を目指すことにしました。久しぶりに岩場のトラバース気味の道などを通って朝日岳の肩。もう朝日岳はすぐそこです。

2016061110

ちょいときつい登りで朝日岳。茶臼岳の眺めがすごいですね。

2016061112

肩に戻って先へ進み、熊見曽根の分岐。

2016061113

隠居倉への登り返しは短いけど、少しきついです。暑い山頂なのですぐに先へ進みます。

2016061114

どんどん下っていくと、噴気孔があり、お湯を採取しているようです。三斗小屋温泉のお湯はここからひいているのでしょうね。

次に続く。

 

« 海沢から御岳山奥の院で遊ぶ | トップページ | 三斗小屋温泉 煙草屋旅館 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日岳:

« 海沢から御岳山奥の院で遊ぶ | トップページ | 三斗小屋温泉 煙草屋旅館 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ