« 那須付近のお花達 | トップページ | 激藪からの城山 »

吹上しょうぶ公園と勝沼城跡

だいぶ季節感がずれているけど、6/18は青梅の吹上しょうぶ公園へ。

2016061801

東青梅駅から歩き出し、しばらく歩くと六万薬師堂。
法華経六万部を書写して戦死者の弔いおよび疫病の防除を願ったもののようです。

2016061802

のんびり歩いて吹上しょうぶ公園の入口付近にはきれいなアジサイ。

2016061803

種類もいろいろありました。

2016061804

200円を払って中に入ります。この日はもうそろそろシーズン終盤、ということで早咲きのものは終わっていました。

2016061805

それでもまだまだたくさんの種類の花菖蒲が咲いていました。

2016061806

しかし、めちゃめちゃ暑い日。直射日光がきつく、ちょっと休憩しないといけない感じでした。出店などもありました。

2016061807

たっぷり堪能して、そろそろ出ようかと思うと池があり、蓮の花が咲いていました。

2016061808

外へ出て、かなり迷いましたが、なんとか山道に入り、菖蒲園の裏手の山に進みます。
このあたりは勝沼城跡となっています。15世紀頃、青梅地域を支配していた三田氏の居城ということでした。

2016061809

山道がありますが、案内などはないので、見当を付けて歩くしかなく、なかなか迷います。

2016061810

展望地に出ます。やっぱり暑いので、日陰でなんとか休憩。

2016061811 

城跡から下って、師岡神社に立ち寄ります。樹齢500年のスダジイの木が二本あります。

楽しいウォーキングでした。

« 那須付近のお花達 | トップページ | 激藪からの城山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吹上しょうぶ公園と勝沼城跡:

« 那須付近のお花達 | トップページ | 激藪からの城山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ