« 日光高山と欲張りプラン | トップページ | 朝日岳 »

海沢から御岳山奥の院で遊ぶ

6/4は奥多摩へ。

2016060401

白丸駅を歩き出し、海沢に向かいます。途中にはオオバアサガラでしょうか。

2016060402

三つ釜の滝を見ます。

2016060403

右岸道を辿りますが、なかなか難しい所もありました。大滝に出ます。

2016060405

本当は中沢ノ頭への尾根を登るはずでしたが、現在地を勘違いして鍋割山への小尾根を辿っていました。昔は作業道があったのか、古い木段がありますが、強度が不明で横の岩を登りました。

2016060406

鍋割山に着きました。

2016060407

結構人に会いながら進み、奥の院。さすがにあまり人はいませんでした。

2016060409

歩いたことのなかった神苑の森を歩いてみました。細い道で山頂を巻いてしまうためか、人は見かけませんでした。

2016060410

いつもながらの神代欅。推定樹齢千年のこの樹は、いつまでも登山者を見守っていて欲しいですね。

2016060411

マルバウツギも見かけます。

2016060412

コアジサイがきれいでした。

2016060414

鉄五郎新道を久しぶりに下ります。途中にはシソバタツナミがよく咲いていました。

2016060415

金毘羅神社に立ち寄ります。

2016060417

いろいろあって展望休憩所に出ました。

2016060418

多摩川の眺めはいいものですね。

2016060419

鳩ノ巣駅から帰りました。


« 日光高山と欲張りプラン | トップページ | 朝日岳 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

今年は空梅雨で大した雨も降らず、梅雨が開けるのも早そうですね。
そろそろ奥多摩登山には暑い季節ですが、沢歩きならは夏でも涼しいのかな。
海沢探勝路は何度か計画して流れています。
リブルさんの写真を見て、行ってみようかと思っています。
もう咲き終わったと思いますが「奥多摩コアジサイ」がきれいですね。
ごく最近、山野草の「山アジサイ」なる小ぶりのアジサイを知り、
すっかりはまって、家で二株の山アジサイを育てています。

たまびとさん、こんにちは。

今年は梅雨らしくない梅雨ですね。
今日なんかも梅雨明けしているのではないかという天気でしたし。
海沢探勝路、滝のあたりは涼しいですが、登ると暑いと思いますよ。
滝巡りはいいと思いますが、上まで登るならば、盛夏は避けた方がいいと思いますよ。

コアジサイ、やはり薄い青色が一番好きです。
でも、比較的白いものが多くて、きれいな物を探すのに苦労しました。
下りの鉄五郎新道にたくさんありましたから、時期であれば楽しめますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海沢から御岳山奥の院で遊ぶ:

« 日光高山と欲張りプラン | トップページ | 朝日岳 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ