« 浅間尾根へ | トップページ | 天山湯治郷 »

水元公園散歩

7/10は散歩に。

2016071001

バスに乗るために常磐線亀有駅に向かったのですが、ボケッとしていて総武線亀戸駅で下車してしまいました。(^^;
あわてて再び電車に乗って亀有駅へ。「亀」しか合ってないじゃん。お馬鹿な私でした。
気を取り直してバスに乗って水元神社前で下車します。まずは水元神社にお参り。

2016071002

水元公園に向かう途中、左手の川では船などが係留されています。

2016071003

公園の少し先には閘門橋。煉瓦造りアーチ橋だそうですが、横から見ないと分かりませんね。

2016071004

公園に入って散策します。日差しは暑いですが、風が都内にしては少し涼しいですね。

2016071005

人力車風の花壇があったりします。

2016071006

暑いせいかすごく広いのに人が誰もいないのが吃驚です。

2016071007

花菖蒲?がまだ数輪咲き残っていました。

2016071008

鳥を見るためのバードサンクチュアリがあります。標準レンズではこんなもの。

2016071009

水辺に出られる所があります。水面が近いのがいい感じですね。

2016071010

水元大橋のあたりはかなり藻が生えてしまっています。

2016071011

高須バス停から金町駅に出ました。

« 浅間尾根へ | トップページ | 天山湯治郷 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水元公園散歩:

« 浅間尾根へ | トップページ | 天山湯治郷 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ