« 久しぶりの霧ヶ峰 | トップページ | かよい湯治 一休 2016 »

箱根浅間山へ

14日(日)は箱根へ。

2016081401

あまり長いコースは無理ということもあって、体調を見ながらの山歩きということで、いつでも止められる軽い歩きの箱根に行くことにしました。

小涌谷駅で下車するとわずかですが霧雨がちらちら。

2016081402

歩いている若い女性グループは、ほとんどが観光客、それも外国人が多かったようです。 千条の滝は随分久しぶり。もうすっかり忘れていました。以前は晴れている日だったのでだいぶイメージも違うようです。

2016081403

滝から先のコースは人の気配もなく、静かなコース。霧が少しかかっていました。

2016081404

分岐を右折して浅間山の山頂に向かいますが、ちょっと幽玄な雰囲気。

2016081405

草原にでればもう浅間山の一角。

2016081406

左に少し行けば浅間山の山頂でした。

2016081407

鷹巣山に向かう道は初めて歩く道。途中には終わりかけのアジサイがわずかに咲き残っていました。

2016081409

鷹巣山は城跡だった山。案内板によると徳川家康も滞在した記録があるとか。

2016081408

シモツケソウの群落を見ます。

2016081410

のんびり歩いていくと芦ノ湯分岐。そこから飛竜の滝を目指します。

2016081411

しかし、これが急降下の木段に続いて、歩きにくい石ゴロの道。自分には、ちと辛い道でした。 ようやくの事で飛竜の滝。

2016081412

少し上に登ってみると滝の上段が見えますが、これ以上は立ち入り禁止なので、近づけません。やはり望遠レンズが欲しいですね。

2016081413

なおも石ゴロの道を下り、道路に出て、しばらく下ります。車道手前を左に曲がり、寄木会館横を通って駒形神社でお参り。道路に出れば、本陣跡バス停はすぐでした。

2016081414

旧名主の本屋敷跡で、大正元年の火災により焼失したそうです。明治天皇もご休憩されたそうで、近くには石碑も残されておりました。

ということでこの日見たお花。

2016081421

ウツボグサは咲き残りでした。

2016081422

ツリガネニンジンはよく見かけました。

2016081423

コバギボウシは線があるのがいいですね。

2016081424

ヘクソカズラはたぶん初めて見た気がします。

楽しい歩きでした。

« 久しぶりの霧ヶ峰 | トップページ | かよい湯治 一休 2016 »

登山(箱根)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根浅間山へ:

« 久しぶりの霧ヶ峰 | トップページ | かよい湯治 一休 2016 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ