« 芸術の秋 | トップページ | 赤ぼっこへ »

芸術の秋2

やっぱり雨だった日は上野へ。

2016092701

なんとなく美術館づいた今日この頃。

東京都美術館で「木々との対話」という特別展を見てから、久しぶりに国立博物館へ。

「平安の秘仏」という特別展が開催中。
滋賀県甲賀市のあるお寺の平安時代の古い仏像がたくさん展示されていて、なかなか厳粛な気持ちにさせられます。

通常展示も見て回りましたが、やっぱり広いですね。
全部回ったら足が痛くなりました。

たまには山から離れて気分を変えてみるのもいいものですね。

« 芸術の秋 | トップページ | 赤ぼっこへ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

「平安の秘仏」展は予定が合わなくてまだ行けません。
十年以上をかけて全国の国宝仏像を見て回っています。
滋賀は比叡山の麓で観音信仰の里でも有名ですが、
中でも渡岸寺の国宝・十一面観音菩薩立像は木彫の
観音像のなかでは、一番美しい仏像と思います。

国立博物館へ行ったときは、必ず「法隆寺宝物館」へ
寄ることにしています。
建物は近代的ですが、中に飛鳥時代の小金銅仏が
三十数体並んでいるのは圧巻ですよ。

追伸:
10月10日は、年一度の武蔵国分寺の薬師如来像の御開帳です。

なんと奇遇な。自分はSUNTORYと山種でした。
山種コレクションにあった東山魁夷の杉林のリアルさに驚愕・・・

たまびとさん、こんにちは。

全国の国宝を回るとはなかなかすごいですね。
やはり柔和なお顔をした仏像を見ると、何か落ち着いた気になりますね。

平成館は回ったものの、
通常展示を回るだけで精一杯でしたので、
また機会があれば行ってみたいと思います。

komadoさん、こんにちは。

どちらの美術館も自分は行ったことがないです。
東山魁夷の絵も展示されているのですか。
10月から展示会が変わったりするし、また出掛けてみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸術の秋2:

« 芸術の秋 | トップページ | 赤ぼっこへ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ