« 雨の物見山へ | トップページ | 藪尾根から三頭山へ »

城山公園から上谷戸親水公園

天気が不安定な日曜日はウォーキング。

2016091101

南武線南多摩駅が歩き出し。

2016091102

ちょいと手前の階段を登り、尾根道を登ろうと思ったら、フェンスがあって通行不能。私有地なのでしょうね。踏み跡を辿って尾根から下ると図書館近くに出て、こちらが正しい道。しばらく進むと池のある広場。このあたりが八の丸の広場でしょうか。

2016091103

広い谷をしばらく登って、左に道を発見したので、それを辿ると急な木段の道。

2016091104

行き過ぎて下りになりそうだったので戻ると三角点がありました。

2016091105

少し先に陸軍用地の石標。この先はフェンスがあり、何があるのか不明。ここから戻るように下ります。

2016091106

先へ行くと展望台がありましたが、日曜・休日の午後だけ。日曜日でしたけど、午前中だったので閉まっていました。

2016091107

降りて行くと三の丸の表示のある場所。写真の上に見えるのが展望台です。
ちなみに大丸城は実際は多摩ニュータウンの工事で遺構は残っていないらしいです。

2016091108

稲城中央公園の中を通り、きれいな芝の野球場などを見て、先へ行き、上谷戸親水公園に入ります。水車が回っていて、なかなかいい感じ。

2016091109

植栽と思われるシモツケがよく咲いていました。

2016091110

せせらぎに沿って歩きます。ホタルを育てているようで、草などを刈らないように注意書きがありました。

2016091111

上流部に行くと畑がありました。そろそろ稲刈りの季節が近いようです。

2016091112

谷戸らしい池から水が流れ出ておりました。

2016091113

草を食むヤギなどを見て歩くと若葉台駅に着きました。京王線で帰りました。

« 雨の物見山へ | トップページ | 藪尾根から三頭山へ »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城山公園から上谷戸親水公園:

« 雨の物見山へ | トップページ | 藪尾根から三頭山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ