« 船橋市の谷津田 | トップページ | サバ社巡り その一 »

羽賀場山から川化山

22日は久しぶりに鹿沼へ。

2016102201

関東北部はいい天気という予報に誘われて鹿沼に行きましたが、やっぱり天気予報は外れてどんより曇り。

2016102202

取り付きの長安寺のイワヒバ。3月に来た時とは色が違いますね。

2016102203

今は樹林が伐採されて、巡視路ではなく、林道を歩きます。が、ちょっと分かりにくいです。

2016102204

尾根に取り付いて鉄塔に出ますが、先の方の山はガスが煙っていました。

2016102206

二つ目の鉄塔を過ぎてちょっと分かりにくい山道を登っていくと分岐に出ました。

2016102207

羽賀場山に立ち寄り。樹林の中で眺めのない山頂。分岐に戻ります。

2016102208

ひたすら尾根を辿りますが、分かりにくい所も多々あり、途中、尾根を誤りました。少し戻って正しい尾根を進みますが、その先も分かりにくい尾根が続きます。ようやくの事で486.2mの三角点。

2016102209

なんとか510m圏のピークにたどり着きました。しかし、この先が大問題。岩場を進んでみましたが、ザイルがないと降りられず、再びピークまで戻って左を下ります。昔は残置ロープがあったようですが、今はありません。これまた超危険な下りで、一歩間違えれば転落する危険性がありました。ここはザイルを持参した方がよさそうです。

2016102210

やっとの事でカマドクラ。疲れてきましたが、川化山に向かいます。

2016102211

少し先に眺めの良い所があります。この日はこんな天気で、水墨画みたいな世界になっていました。

2016102212

下って結構な岩場を通って川化山。四等三角点が埋まっていました。

2016102213

北西尾根を下りましたが、最後は失敗しました。それでも無理矢理、道路に出て板荷駅へ。もう16時を過ぎていて、しかも数分前に列車を逃して、一時間ほど駅で待たされました。

予想以上に難易度の高かった歩きとなりました。

« 船橋市の谷津田 | トップページ | サバ社巡り その一 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽賀場山から川化山:

« 船橋市の谷津田 | トップページ | サバ社巡り その一 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ