« 芭蕉月待ちの湯 | トップページ | 羽賀場山から川化山 »

船橋市の谷津田

先日、お散歩に。

2016102401

津田沼駅から船尾車庫方面のバスに乗り、行々林(おどろばやし)入口で下車します。

2016102402

二十三夜塔や庚申塔を見て歩いていくと、谷津田に出ました。
この日は午前中は晴れの予報でしたけど、やっぱり外れです。

2016102403

鈴見川という小さな川が流れています。この黄色の植物はなんでしょうか。

2016102404

上流に行くと道がなくなります。反対側を下流に向かいます。

2016102405

下流は水量が増えますが、整備されていてあまり面白みはありません。青空が広がり、日差しが出てきました。

2016102406

近くにある高才川緑地公園で昼食。残念ながら木が邪魔して谷津田を見ることができません。

畑地の中を進み、セコメディック病院という所まで歩き、そこからバスで北習志野駅に出ました。

« 芭蕉月待ちの湯 | トップページ | 羽賀場山から川化山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんにちわ。

小室の方じゃないですか遠かったでしょう。
黄色い花は、セイタカアワダチソウじゃないかしら。
北総台地なので、里山と言っても標高は20-30mぐらいでしょうかね。
3枚目の写真、雰囲気良さそうだけど。。。面白くなかったとは(笑)

れれちゃん、こんにちは。

お花情報ありがとうございます。
やはり帰化植物なんですね。一時は花粉症の元と言われたとか。

>小室の方じゃないですか

全然土地勘がないので、さっぱり分かりませんが...。
ここで迷ったら、果たして帰ることができるのかも心配になりました。(苦笑)

ちなみに面白くないと書いたのは、下流(?)の方の話ですよ。
人工的に鉄の護岸などが出来ていて、ホントにただの川になってましたので。
この季節はお花が少ないけど、春頃ならばもう少しお花も咲きそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船橋市の谷津田:

« 芭蕉月待ちの湯 | トップページ | 羽賀場山から川化山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ