« 赤ぼっこへ | トップページ | 京王高尾山温泉 極楽湯 »

風邪っぴきの小仏から高尾山

不覚にも風邪を引いてしまい、10日は軽く高尾へ。

2016100201

遅出で小仏バス停を歩き出し。

2016100202

久しぶりに小仏峠。あれ、以前にあった小仏峠の表示や灌木が整理されてしまって、置物だけが残されていました。

2016100203

城山山頂でちょっと早い昼食。
久しぶりにドリップ式のインスタントコーヒーを持ってきたので、それを飲みながらまったり。

2016100204

たくさんの人に会いながら高尾山に向かいます。一丁平のテラスからの眺めもぼんやり。

2016100205

山頂はものすごい人でした。

2016100206

久しぶりに稲荷山コースを下山しましたが、こちらもまだまだたくさんの人が登ってきている状態でした。

 

« 赤ぼっこへ | トップページ | 京王高尾山温泉 極楽湯 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは。
 
小仏峠は、さっぱりというか、すっきりとしてしまいましたね。
 
高尾山は、夏が終わって また人出が多くなったみたいで
休日には行く気にならず、さりとて平日だと行かれる日がめったになくて
先日、久しぶりに日影から城山まで歩きました。
もうすぐ、リンドウやセンブリが咲きますね。

はなねこさん、こんにちは。

やはりたまに行くと変化がいろいろありますね。

さすがにあの真夏の暑さではなかなか出かける気になりませんが、
今の季節は比較的歩きやすいですね。

台風が過ぎ去ったら、ようやく秋が来そうですね。
今年もセンブリに会いたいです。

リブルさん、こんにちわ~。

稲荷山コースを歩かれたみたいですけど、
スズメバチの巣、撤去されてましたか?

高尾山温泉13時でも混んでるとはビックリ!!
温泉に入って、すぐ帰れるところが魅力的だもんねぇ。

れれちゃん、こんにちは。

稲荷山コース、スズメバチの巣なんてあったのですね。
特に注意書きなどはなかったし、本当にたくさんの人が歩いてましたので、処理したのでしょうね。
人がいたので通り過ぎただけですけど、道脇にキノコがニョキっと生えていたのは、ちょっと珍しかったです。
どうみても松茸には見えなかったですけど。

お風呂上がりの食堂の人の多さにびっくり。
軽く山を歩いて、軽い食事&ビールでまったり、なんて人が多いようです。
これから温泉シーズン、土日はさらに混みそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風邪っぴきの小仏から高尾山:

« 赤ぼっこへ | トップページ | 京王高尾山温泉 極楽湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ