« 観音山 | トップページ | 蕨宿散歩 »

お坊山と笹一新酒祭り

二週間も経ってしまってすっかり遅れた話になっておりますが、12日はお坊山へ。

2016111201

早めに笹一酒造に着くため、7時30分過ぎに笹子駅を歩き出し。

2016111202

東峰南尾根に取り付きに向かいます。この日は雨の後なのでかなりの湿気でじめじめ感たっぷり。ちょっと暑いくらいに感じます。

2016111203

沢を渡るあたり、少し迷ったけど、木祠も見つけてなんとか先へ。きつい登りで尾根に出れば10号鉄塔がありました。

2016111204

尾根は分かりやすいけど、なかなかの急傾斜があります。紅葉はしていたけれど、やはり色合いは今年のくすんだ色でした。このあたりまで登るとさすがに冷気がやってきます。

2016111205

一旦緩むけど、再び急登、特に岩のあたりは登りにくく、結構気を使いました。

2016111206

裏を向いた山名板に出れば、お坊山東峰に到着。

2016111207

もちろんお坊山に向かうとまだ霧がかかっていましたが、少しずつ後退している感じ。

2016111208

久しぶりのお坊山に到着。お一人眺めを楽しんでおられる方がおりました。

2016111209

見ると確かに白い雪を抱く南アルプスの山々を眺められました。この日はまだ甲斐駒には雪がなかったようでした。

2016111210

しばらく眺めを楽しんでいたら、再び南アルプスは霧の中に消えてしまいました。ということで東峰に戻ります。まだ10時20分でしたが、南東尾根を下山開始。

2016111211

しばらく下るとなかなかきれいに紅葉している木を見かけます。

2016111212

左右に曲がる山道をしばらく辿りましたが、相変わらず、下の方は冗長な歩きになります。尾根が広くなったあたりはちょっと迷い気味でしたけど、辿っていき、途中で山道から外れて直に下り、以前と同様に棚洞山への尾根に乗ってなんとかたどり着きました。

2016111213

しばらく下ると今年にしてはなかなかの色合いの木が。やはり点で見れば良い木もありました。

2016111214

相変わらずの急坂下りはちょっと神経を使います。途中、笹一を眺められる所がありました。

2016111215

入道山で一休み。先が少し藪っぽくなっていました。

2016111216

だいぶ下ってお坊山登山道の表示を見て南に下りますが、今回も相変わらず、どこが正しい踏み跡なのか分からず、やっぱり左に左にと歩いてしまい、失敗気味でしたが、なんとか白看板のすぐ先あたりに下ることができました。

2016111217

安堵してのんびり笹一に向かいます。ぽっかり浮かんだ雲がきれいでした。

2016111218

ということで笹一の新酒祭り。今年から1000円(お土産付)となってしまい、果たして盛況かどうか危ぶまれましたけど、それなりに人はおりました。新酒&ワインを楽しみ、結構酔っぱらいました。

2016111219

今年は抽選に当たって桜ジャム&KitKat2袋をもらえました。

2016111220

結局、2時間30分くらい飲んでしまいましたが、頃合いを見計らって3時35分発の電車で帰りました。


« 観音山 | トップページ | 蕨宿散歩 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん こんにちは
 
お坊山の南東尾根を歩いてみたいと思いつつ、いまだ果たせずです。
今年も笹一に行かれたのですね。
先日の矢平山で、リブルさんのことと 笹一の新酒まつりのことなど
噂してました。(^^;
桜ジャムって、花びらが入っているのでしょうか。
道明寺みたいな味?  気になりました。(o^-^o)

はなねこさん、こんにちは。

南東尾根、上部は分かりやすいのですが、途中からやはり一般的ではなくなり、
急降下などもありますし、最後の所が踏み跡が錯綜しているので、分かりにくいです。
磁石、地図を活用しなくてはなりませんし、時には少々危険だと感じる部分もあります。
やはり一般登山道とはかなり異なりますので、自分はお勧めはしませんよ。
こんな所をしょっちゅう歩いている人と一緒なら、構いませんけど。

もう随分笹一には行ってますね。
できるだけ早めに着きたいと考えると、そろそろ歩くコースも少なくなってきましたけど。

桜ジャムは確かに味に興味があったものの、
自分は家では滅多にパンを食べないので、人にあげてしまいました。
まさか開封して味見したものをあげる訳にもいかなかったので。
ということで味などは分かりません。(^^;

 リブルさん、こんばんは。

 笹一の記事だったので注意して読んでみて(笑)気づいたのですけれど、
同じ日のほぼ同じ時刻に笹一にいたのですね。私はさすがに千円の試飲は
見送って、お酒を買ったらすぐに帰ってしまったのですが、お土産付の
お土産は何だったのか、もしよろしければ教えて下さい。

そして、もう少し気をつけてみると、帰りの電車も同じだったのですね。
どこかですれ違っていていながらお互い気づかなかったのでしょうか。
もう最後にお目にかかってから10年ぐらい経ちますものね~。

私はリブルさんのお顔は良く覚えているつもりなのですけど、
何年か前も名郷まで同じバスだったのに気づかなかったですし、
本当に記憶通りなのかちょっと自信をなくしています(笑)。

南東尾根は最後が難しいですよね。でも、komadoさんも翌週歩かれて
書かれているように、雑木が魅力の尾根なんですよね。紅葉も良かったよう
で、今年は外してしまった私としてはうらやましい次第です。


ゴン太さん、こんにちは。

笹一には来ていたのですね。
同じ電車で帰ったのですか。それはニアミスで残念でした。
まあ、それなりにあれだけ人がいましたから、見つからなくてもおかしくはないですね。
でも、3時くらいにはもう駅に向かっていましたよ。

確かにもうお会いしてから随分経ちますね。
自分もあの時から、それなりに年を取ったから、あんまり分からないかもしれませんね。(^^;
またどこかでご一緒できるといいですね。

やはり今年の紅葉は全体的には今ひとつでしたけど、急激に寒くなったせいか、点で見れば赤い木も見られましたので、
ここ数年よりはそれでも良かったのかなぁと思いました。

お土産は内緒です。(爆)
というか、知らない方が来年の楽しみがありそうですけど。
どうしても知りたいようであれば、レポには書きますので、そちらへどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お坊山と笹一新酒祭り:

« 観音山 | トップページ | 蕨宿散歩 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ