« いちょう祭り | トップページ | 葉原峠から釜伏山 »

北十間川散歩

どんどん遅れていってますけど、11/23は天気が今ひとつだったので、お散歩に。

2016112301

都営浅草線の本所吾妻橋駅が歩き出し。

2016112302

少し歩くと北十間川に出ます。線路は東武線です。

2016112303

西へ進めば、水門がありますが、現在は耐震工事中でした。
隅田川を眺めます。

2016112304

スカイツリーが近いですね。

2016112305

勝海舟の銅像があります。

2016112306

少し先の隅田公園で軽く昼食。

2016112307

オレンジ色がなかなかきれいな木がありました。

2016112308

公園と接して牛島神社。

2016112309

少し歩くと荻野医院跡。日本女医第一号の荻野吟子さんがここで開業していたそうです。
でも、今は道路沿いの案内板だけです。

2016112310

東京ソラマチに入ってみましたが、自分が買うようなものは特にありませんでした。
北十間川沿いに歩きます。でも、あまりきれいじゃないです。

2016112311

香取神社に入って、お参りします。この神社はスポーツ選手に知られている神社だそうです。これで自分も病気に勝てるかな?
なぜか境内には亀戸大根の碑があります。

2016112312

しばらく歩けば、北十間川の終点。旧中川への河口です。

2016112313

亀戸水神宮に立ち寄ります。このあたりは荒川もそう遠くはないし、昔は水に関係した職業の方も多かったのかな。

亀戸駅まで歩きました。

« いちょう祭り | トップページ | 葉原峠から釜伏山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北十間川散歩:

« いちょう祭り | トップページ | 葉原峠から釜伏山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ