« 奥多摩温泉 もえぎの湯 | トップページ | 伊東の七福神巡り(未完)と樹木見学 »

竜神峡へ

1/7は茨城の竜神峡へ。

2017010701

常陸太田駅から馬次入口行きのバスに乗りますが、土日の午前中は10:02発のみです。
これを竜神ダム入口で下車しました。

2017010702

下から竜神大吊橋を眺めます。

2017010703

竜神峡の道をしばらく歩いていくと竜神ふるさと村への道が分岐します。
冬季は休業のようです。

2017010704

亀ヶ淵は神秘的な感じですね。

2017010705

亀ヶ淵340m峰に登りました。かなりの急登で笹薮もあり、なかなかきつかったです。
山頂からは武生山がよく見えました。

2017010706

反対に見えるのが明山でしょうか。近いけど、渓谷を隔てているので、行くのは簡単ではありません。

2017010707

再び登山道に戻って先へ進み、沢を渡ってから再び登っていきます。だいぶ登ると道標がありました。

2017010708

武生神社の鳥居近くに出ました。

2017010709

武生神社でお参り。

2017010710

ご神木があるようなので、裏手に行ってみると、すごい太郎杉。
推定樹齢800年の自然杉だそうです。

2017010711

道路に戻り、宝剣洞展望台で一休み。明山とさきほど登った亀ヶ淵340m峰がよく見えました。

2017010712

道路を下っていきます。大きな道路は工事中、左に曲がらされたので、武生林道かどうか半信半疑でしたが、問題なく降りられました。

2017010713

武生山入口バス停でのんびりバスを待ちます。
帰りも土日は14:56の一本だけです。
ちゃんと来てくれるか心配でしたが、しっかり来てくれました。

2017010714

やはりバスが少ないせいか、夕方の常陸太田駅に着いてなんとなくホッとしたのは事実でした。

« 奥多摩温泉 もえぎの湯 | トップページ | 伊東の七福神巡り(未完)と樹木見学 »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竜神峡へ:

« 奥多摩温泉 もえぎの湯 | トップページ | 伊東の七福神巡り(未完)と樹木見学 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ