« 伊東温泉七湯巡り | トップページ | 臼井城と師戸城 »

高水三山逆回り

1/14は奥多摩へ。

2017011401

静かな沢井駅を歩き出し、まずは青渭神社の里宮へ。

2017011402

初めて来ましたが、なかなか大きな神社ですね。

2017011403

山に取り付いて登っていきます。途中は踏み跡もちょっと怪しい感じです。
途中、風花が舞いました。

2017011404

上の方に行けば、尾根は歩きやすくなりますが、急登もありました。

2017011405

登山道に出て、ホッとします。

2017011406

久しぶりの青渭神社奥宮。やっぱり寒いです。

2017011407

岩茸石山に向かうと途中からは奥の山が見えましたが、ホントに寒そうな感じでした。

2017011408

久しぶりの岩茸石山。風があり、無茶苦茶寒いです。手袋をしていても手が痛くなるほど。
できるだけ風を受けない場所で休みましたが、寒すぎてのんびり昼食を取れない感じでした。

2017011409

高水山への登りもシャツの上にパーカーを着ていても全く汗をかかないどころか、寒くてたまりません。結局、パーカーの下にフリースを着ることに。
フリースを着たまま行動中することは、朝一を除いて今までほとんどなかったんですよ。

2017011410

高源寺でお参り。まだお昼過ぎということもあって人がいましたが、これから岩茸石山に向かうのは風で厳しそうだなぁと思いました。

2017011411

道路に出て歩いているとロウバイが咲いていました。
少しずつ春が近づいているようですね。
でも、駅へ向かう帰り道も風花が舞っては止み、舞っては止みの繰り返しでした。

« 伊東温泉七湯巡り | トップページ | 臼井城と師戸城 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高水三山逆回り:

« 伊東温泉七湯巡り | トップページ | 臼井城と師戸城 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ