« 竜神峡へ | トップページ | 伊東温泉七湯巡り »

伊東の七福神巡り(未完)と樹木見学

1/9は残念ながら天気が悪い感じ。
山は諦め、のんびり家を出て、伊東に向かいました。
伊東駅に着いたのは、もうお昼をとっくに過ぎていました。
七福神巡りと言っても、もう7日を過ぎているので、外からお参りするだけです。

2017010901

伊東駅から荻車庫方面のバスに乗り、荻バス停で下車するとすぐ近くに林泉寺。ここは福禄寿です。

2017010902

林泉寺のフジは樹齢三百年の古木のようです。県指定の天然記念物になっています。

2017010903

道路を隔てた山神社。

2017010904

ムクの木の群落がなかなか。伊東市指定の天然記念物になっているようです。

2017010905

バスで戻り、日暮神社でお参り。

2017010906

大きなタブの木があります。こちらも伊東市指定の天然記念物。

2017010907

すぐ近くが寿老人の最誓寺。

2017010908

大きなソテツ。こちらも市指定の天然記念物。

2017010909

少し歩き、葛見神社へ。

2017010910

境内に入ると見えるのがすごい巨樹。「葛見神社の大クス」でした。

樹齢千年以上という巨樹で、昭和8年に指定された国指定天然記念物だそうです。
ホントにこれはすごかったですよ。

2017010911

東林寺は布袋尊。お参りしたのち、曽我兄弟の首塚なども訪ねました。

2017010912

入道坂を登って、伊東祐親の墓へ。皇太子様も以前に訪れているようで、石碑がありました。

2017010913

さらに歩いて仏現寺。こちらは毘沙門天です。今更天気が良くなってきたようです。

2017010914

境内からは海を眺められました。

2017010915

天照皇大神社に立ち寄ります。あまり良い写真は撮れませんでしたが、スダジイがたくさんあるようです。

2017010916

海沿いを魚市場などを見ながら、かなり歩いてようやく新井神社。こちらは恵比寿神です。

2017010917

仏光寺に立ち寄ります。

2017010918

六角堂がありますが、この彫刻がすごいですね。

16時近くなってしまい、この辺でギブアップ。
残り二つはまたそのうちに行かなくてはなりませんね。(^^;

たくさんの大きな木を見た一日でもありました。

« 竜神峡へ | トップページ | 伊東温泉七湯巡り »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊東の七福神巡り(未完)と樹木見学:

« 竜神峡へ | トップページ | 伊東温泉七湯巡り »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ