« 毘沙門山へ | トップページ | かっぱ天国 »

丸岳へ

2016最後の山は箱根へ。

2016123001

天気の良い予報の上に丹沢方面は青空だったのに、小田原あたりから雲。
乙女峠バス停で下車するとどんよりの曇り。テンションかなりダウン。

2016123002

初めての乙女峠。わずかに雪が溶け残り。

2016123004

少し日差しも出てきました。軽い雪道を丸岳へ。

2016123005

ここは電波塔ときれいな青空。

2016123006

少し先へ向かうと、向こうには駿河湾、左にはこれから歩く山々が見えました。

2016123007

途中には富士見台がありますが、残念ながら富士は雲の中。

2016123008

長尾峠を過ぎてさらに登っていくとあまりピークっほくない所に1044.9mの三角点。

2016123009

芦ノ湖展望公園のあたりで座り込んで昼食。やっぱり富士は下だけです。
日が陰ったら、寒いのなんの。

2016123010

スカイラインが近いのが今ひとつ。でも、箱根じゃないみたいな雰囲気。

2016123011

大きく下ると湖尻峠。

2016123012

深良水門のあたり。湖の水が滔々と水門から流れておりました。

2016123013

大きな湖尻水門はあまり使われていないようですね。

2016123015

勢い余って仙石原を目指しましたが、これが長い長い。ゴルフ場が近く、ちょっと退屈な道でもありました。でも、大涌谷の噴煙を眺められる所がありました。

2016123016

仙石原が近づくと石畳がある所を通ったりします。

2016123017

仙石原に出てもしばらく道路を歩き、ようやくの事で仙石案内所前バス停に着くとすぐにバスがやってきましたが、大混雑のバスの乗客となりました。


« 毘沙門山へ | トップページ | かっぱ天国 »

登山(箱根)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸岳へ:

« 毘沙門山へ | トップページ | かっぱ天国 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ