« 奥多摩駅近辺の山の神社巡り | トップページ | 竜神峡へ »

奥多摩温泉 もえぎの湯

奥多摩駅近くのもえぎの湯にはもう何度も入浴しているけど、
あれ、このblogでは記述が見当たりません。
ということで久しぶりの再訪。

2017010316

入浴料は忘れたけど、ホームページを見ると780円だったようです。
この日は正月ということで、石鹸を頂きました。

お湯はメタほう酸・ふっ素泉ということで、あまり強い成分はありませんが、
比較的ぬるつきのある柔らかいお湯です。

お風呂は脱衣場と同じフロアに内湯が上にあり、下のフロアに露天風呂があります。
内湯はジャクジー付きの横長の感じです。
この日はちょうど適温という感じでした。
人が多いと循環のせいか、ちょっと汚れが気になります。アルカリ系の泉質だと多少は仕方ない所かもしれません。どちらかというと、露天風呂の方が好きです。

露天風呂へは階段で降りるのですが、冬場はちょっと寒いので、内湯でしっかりと温まってからの方がいいと思います。

露天風呂もそんなには大きなお風呂ではありませんが、
必要十分な大きさ。向こうは川なので、いつも風が少しあり、夏場でもいい雰囲気です。
冬はちょっと寒いかな。
お湯が熱めなので、入っていると熱いし、出ると寒いし、なかなか難しいです。
でも、体の交感神経を刺激して良いのかも。

駅近くなので、あまり時間を気にせず入ることができるのが利点ですが、
その代わり春や秋の連休などはかなりの混雑。
やはりあまり混んでいる時は避けて、空いている時を狙って入浴するのがお勧めですね。

いつもながら、帰りは肌がしっとりするいい温泉でした。

« 奥多摩駅近辺の山の神社巡り | トップページ | 竜神峡へ »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩温泉 もえぎの湯:

« 奥多摩駅近辺の山の神社巡り | トップページ | 竜神峡へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ